タイの名所(カオヤイ自然世界遺産)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年6月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 カオヤイ国立公園、2005年に世界自然遺産登録。

 友人の石さん(仮称)とたぶん3年ぶり(*^_^*) の〜、ヒルク
 ライムに一滴増した(ちょっと誤変換)



 平地では速く走れる様になったので、坂道でも(*^_^*)と、思って
 いましたがぁ、、、大きな誤解でした(^_^;)



 ナコンナヨック県側の入り口〜、ナコンラチャシマ県側のゲート
 迄は大体50キロ、バイクでは通して走ったことが御座いますが、
 自転車では頂上に到着後ピストン帰り約40キロで体力枯渇です。



 カオヤイ国立公園は、ナコンナヨック県とプラチンブリ県、ナコン
 ラチャシマ県の3県にまたがる2,168平方キロのジャングルで
 世界自然遺産です。 

 走る前は余裕で地鶏、、、
 途中で地鶏?赤色野鶏を発見セキショクヤケイは、ジャングル
 に住む鶏のご先祖さまで飛びます。

 入場料、外人は400バーツ取られるらしい(*^_^*)、Sさんはバ
 イクでも自転車でも毎回60バーツ渡してゲートパスしてます。



 ゾウ注意の道路看板(*^_^*) エサを求めて道路沿いに出てきま
 す、野生の象は気が荒いので恐ろしい。

 Sさんは一度、この道で野生のゾウに遭遇して逃げた経験がご
 ざいます。この看板は、3年前には無かったゾォ〜。





 ナコンナヨック県の装飾街灯はゾウさん。

 開園は、朝8時〜午後6時30分、宿泊施設もあり、ナコンナヨ
 ック県側の入り口から、ナコンラチャシマ県の出口?入り愚痴
 (ちょっと誤変換)の間は、片道1車線のジャングルに舗装道が
 あり、中にはキャンプ場や宿泊施設もございますが、Sさんは
 自転車とバイクで通ったのみ。



 鹿にエサやるなの道路看板

 今回ゾウさんは見られませんでしたが、シカと赤色野鶏、
 リスとテン?を走行中に見かけました。

 この日の目的は、ナコンナヨック側からの入り口から頂上
 までの登り約20キロを自転車でのヒルクライム・アタック!

 以前のベストタイムが1時間40分ぐらいでしたので、目標
 は1時間20分台を目指して(*^_^*)

 自信満々でスタートしましたが、30分もこがない内に無理
 !!来るんじゃ無かったと後悔・・答えがでました。

 気分はニュートンのリンゴ! 重い、落ちる、進まない。。
 (^_^;)(^_^;)(^_^;) 



 上の坂は、通称ジェットコースター、踏み込みながら降りれば
 80キロ以上出ます、こがずに降りても60キロは軽くオーバー。

 Sさんはブレーキかけながら下りましたがそれでも66キロ出て
 ました。下りだけは体重が重いので有利です。



 写真撮影、余裕の復路帰り道で(ほとんど下りだから)(^O^)

 下りで怖いのは、象の糞フン(*^_^*)と、道路上の苔(コケ)は
 そこここに点在し滑りそうで怖い。





 カオヤイ頂上にある休憩所到着です。 看板はインフォメー
 ション観光案内所です。

 目標タイムの結果は(^_^;)(^_^;)(^_^;)でした。体力は憔悴して
 いました。。。





 ちなみに初めてヒルクライムをトライしたのは、7年前に(*^_^*)
 第765話で初体験記。

 そして反省、、、軽く見てました、、思ったより全然脚力がなく、
 過体重の体型もヒルクライムに向いていないと(^_^;)ただただ
 疲れましたm(_ _)m

 良かったことは、梅雨の合間のヒルクライムでしたが、雨に降
 られることも無く完走できたこと。

 今日の格言 「自画自賛は晴れ男!」

 タイムよりも足を付かなかったことが(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんが保有するバイクは、BMW・R1100Rと言う、1998
 年式の2気筒空油冷エンジンのドイツ製バイクです。来年で
 満20歳に(*^_^*)

 このバイクの特徴は、水平対向エンジンと言って、車
 ではスバル、バイクでは、ホンダのGL1800にしか
 採用されていないエンジンですが、空油冷方式では、
 BMWのみ製造中。

 要は縦型のVエンジンを横に開いて寝かせたエンジンその上、
 右エンジンが10センチ弱前についている階段の様なクランク
 という変わったバイク。 二気筒なので、ノンビリ長距離タイプ
 です。

 ちなみに不人気モデル+生産終了モデルなので滅多に見る
 ことはできません。



 上下比較で、エンジン上のオイルクーラー(黒いカバー)比較で、
 上の方がエンジンとの間が離れているのを確認できると思います。

 フラグカバーがいつの間にか脱落紛失(-_-;)、でも走りには影
 響がないので、このままとする。  



 スペアパーツやサービスパーツ無くなったら降りるしかないと思
 い続けて乗っていますが、日本車は約8年でパーツが無くなる
 (>_<)のに、モデル的には20年以上経過しても未だパーツ供給
 があるので、継続して乗れています。 

 BMWのマークは、大空を飛ぶプロペラのデザイン、、、、
 第984話ご参照願います。

 今でも敗戦国の、ドイツ、イタリア、日本には飛行機開発やエン
 ジンを作らせない裏協定でもあるのでしょう。

 バイクや車を作る様になったのは、3国とも同じ理由からだと
 推察。 

 日本製と言われるMRJだってエンジンはアメリカ製だし。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 自転車タイツの下には下着を着けないらしい、しかしSさんは
 着用しています。

 下着を付けていても、デリケートゾーンをすりむいたことがござい
 ますので、その強化対策として着用中。

 本格的にレースする人は、少しでも軽量化のためにつけないそう
 です。

 自転車のタイツは、ストッキングとさほど差がないので、下着を着
 用しているかどうかは、後ろに付くとすぐ解ります。 Sさん思うに
 下着着用派は2割は居ると(*^_^*)。

 友人から聞いた話しで、最近は縫い目や折り返しのない下着もあ
 ると、、そう言えばSさんの奥方様も持っていたな〜、あとTシャツ
 タイプもあった様な。

 男性用があれば購入したいなぁと、見た目対策やサポーター代わ
 りにもなるかも!ついでに世界のGDP貢献するために(*^_^*)

 それにしても日本帰国後から体重の伸び盛り〜、ダイエットが必要
 と強く感じるこの頃です、、、ダイエットのスタートは下着から(?_?)
 常夏のタイで着ぶくれもないけれど〜ですなぁ。

 ちょっとタイ語教室
 タイ語でパンツは、ガンケーン・ナイ と言います。 直訳すると
 ズボンの中(*^_^*)。 これに女性用、男性用を追加して明確に
 します。 
 女性用をスカートの中と言う言い方はしません。

 ズボン : ガンケーン
 中   :  ナイ
 パンツ : ガンケーン・ナイ
 男性用 : サムラップ・チャーイ
 女性用 : サムラップ・イン

 女性用パンツ: ガンケーン・ナイ・サムラップ・イン
 ブラチャー : ヨックソン とか チュッ・チャン・ナイ。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 パンツのお話の後は、自転車ジャージ、Sさんが普段愛用している
 のは、下の微妙にデザイン違いの3着。



 ショッカー1号、2号、3号と呼んでいます。





 現在ショッカー4号をネット購入して、納入待ち中。その入荷の
 際は、ご紹介下糸(ちょっと誤変換)(*^_^*)

 この手のデザインは、タイ人も余り選ばない?好まない性か?
 ほとんど見かけることがありません。(^_-)



 上の写真はSさんオリジナル・デザイン(?_?)(*^_^*)見事に鎖骨
 が折れています(^O^) 早い物でこの写真から2年半経過(^_^;)

 空港やバンプラ周回の時はショッカーウエア着用しますが、街
 中を走る時は(^_^;)(^_^;) 他のデザインのウエアを着用しています。

 と、執筆中にショッカー4号が到着したので、着用前にお披露
 目です。色違い、メーカー違いの基本デザインは一緒(^_^;)(^_^;)(^_^;)



 ショッカー1号に一番似ている。。。4着ともメーカー違い微妙に
 デザインも異なります。

 スボン(トラウザーズとかパンツと呼ぶ様になったのはいつから
 でしょうか。

 ズボンは、フランス語が語源で、トラウザーズ、スラックス、パン
 ツは英語だそうな。

 パンツとパンティーの違いは(?_?) 最近はショーツと呼んでいるし、、、
 面倒なのでアンダーウエアに統一していただきたいですね。 
 スパッツとレギンスの違いも中年には区別も付かないゾ!

 Gパン、ジーンズもデニムと呼ぶ人が増えているような気がします。 
 自転車用バンツに骨柄があれば買いたいなぁ。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 梅雨の花〜紫陽花には毒があるそうです、食べてはいけません、
 食べると吐き気やめまい等が発生するそうです。

 梅雨にはいると思い出す言葉、、「あじさいには毒〜」




 いらっしゃいませタイランド。 

戻る