タイの名所(ス−パーバイクレースデー)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年6月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 とある日曜日〜、一人自転車41キロ後に、美矢ちゃん(仮称)の応援を
 すべく、パタヤのビラサーキット(自宅から30分)へ行って参りました。

 でもあいにく美矢ちゃんは、今回のスーパーバイクレースにノンエントリー
 でございました・・・残念。 

 と、言うことで友人選手のいないR2Mレース撮影会(*^_^*)になりました。

 今回の撮影テーマは二つ!
 その壱: ライダーの視線を追うこと。
 その弐: 連射機能をを使わず、ワンショット。 今回も全て手持ち撮影です。



 ヘアピンからの登り、距離20m シャッタースピード1/160



 ミニバイクに見えますが、これで150cc、距離は25mこちらはシャッター
 スピード 1/125秒



 上の選手は女性ライダーです、距離50mから。



 片越しになびく髪の毛が女性のシルシ〜(*^_^*)



 スーパーバイクのゼッケン1はファランさん(ちょっとピンぼけ)へアピン後の
 登りは、飛び出すとウイリーします(距離30m)。



 そしてスピード出し過ぎるとご覧の様にマクレ上がります(-_-;)



 この上り坂で減速しないと、上の写真の様にウイリーになり、まくれ上がる
 と危険な坂です。



 レース前からタイヤを暖め、20分のプラクティクス、そしてまた小半日を
 ピット待機してレース。。。暑い〜タイランド、待機中の体調管理もレース
 なのです。



 だいたい2−30mから。





 レースプログラムは、コースキーパーさんから見せていただきパチリ。
 プラクティクス(練習)と、レース間隔は4-5時間も空くので体調調整も
 重要!になります。









 緊張が切れるとこんな感じに〜。。。







 攻めない限り技術は向上しないが、転倒怪我との隣あわせの世界、限界を
 超えない様に頑張ってます。



 前にライダーが居ると、自分の能力以上を発揮も出来るがノーコントロールに
 成りやすい、自分の技量の見極めも重要事項です。







 ボロボロのつなぎ(右)。。。頑張っている!(距離100m)



 ゼッケン1のファラン氏の走りは地味ですが安定していました。約20mから





 乗っても楽しい、見ても楽しい、撮っても楽しいレースです。



 最後にプレスベストをつけたプロカメラマン(ピンぼけ(^_^;)約100メートを
 ご紹介して今回はここまで。

 今一番〜☆いもの=各レース場のプレスベスト!プロはコース内に入れ
 るのです、裏山しい(*^_^*)



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る