タイの文化(乗馬競技会)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年5月吉日 
【ちょっと乗馬場から】
 Sさんの所属する軍の乗馬場で、競技会が主催され「カメラマン〜さん」 と、
 お呼びがかかりましたので、行って参りました。



 今回一番気に入っているショット、小さくてわかりづらいですが、通常サイズでは、
 耳横からしっかり眼が出てしっかりコースを見ているのです。


 乗馬競技の特筆すべきは、年齢制限無し、性別制限もなく、かつ動物を使った
 人馬一体の競技であること。そしてオリンピックの競技でもあります(*^_^*) 





 乗馬競技は、時間+マイナスポイントで競います。バーを落とすとマイナス
 点、障害を2カ所跳べないと失格、タイムオーバー、落馬も失格になります。
 如何に速く走り、跳ぶか(*^_^*)競います。 跳ぶ方向は進行方向右が赤旗、
 左が白旗になります。



 競技の服装は、ヘルメット、上は本来燕尾服で希に見る機会ございま
 すが、最近はブレザーが一般的、下は白い乗馬パンツになります。



 所属する乗馬場に毎にクラブカラーがあり、Sさんの所属する乗馬クラ
 ブは紫色のブレザーになります。



 色が色だけに既製品はなく全てオーダーになりますので、様々なデザ
 インあり楽しめます。襟元だけパープルとかも(*^_^*)いるのでさがして
 見てください。(紫選ばずに黒のブレザーの子もいるけど(^_^;)(*^_^*)



 しかし兵隊さんが参加する場合は、軍服が正装になります。



 日本では法華津さんで有名になった馬術競技もありますが、高度な技
 術が必要なことと、地味なので、、障害物競技の競技者の方が圧倒的
 に多いです。



 右はジャンプを嫌がり急ブレーキの馬。。。足下にトトトと二の足を踏ん
 だアディダスライン痕が見えます。

 障害物は、60センチから始まり、70、80、90、100、110、120、
 140センチまでのシングルバーとダブルバーの複合障害物の跳躍
 になります。



 エキシビジョンで教官が160センチ跳んだそうですが、私が撮りに行っ時
 間外だったらしく残念。

 練習では興に乗った教官が160−170センチぐらいまで(*^_^*)、跳ぶの
 を見たことがあります。







 ちなみにSさんの過去最高ジャンプは120センチのシングルバーでした。
 でも今では怖くて(>_<)年ですね(^O^)



 競技ごとに、バーの高さと進行方向が変わるので、選手は教官と一緒に
 レイアウトの確認とバーまでの距離を歩測します。







 みんな指さし点呼、あっち行ってこっちって。。そして障害物の手前には
 順番の番号が付いています。



 ちょっと馬雑学
 馬糞は臭い無い!(ビジョ美女に濡れるとちょっと臭い)馬は甘い果物
 食べます、リンゴ、バナナが好きな馬も。近づく時は、前から、後ろは
 危険です!馬の年齢は15歳前後と意外に短い。
 馬は人の顔を覚えている(*^_^*)馬は水泳が得意な動物です。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 この眼鏡の方が、乗馬クラブのトップ、もっと偉い人は、非常勤なの
 で(*^_^*)す。





 審判席を挟んで2カ所に観客席用のテント設置、観客は200名ほど。



 競技の間の地ならしは、軍用ジープを使って。





 競技はスタートとフィニッシュ地点に光電管センサーでタイムを確認して、
 マイナス分をタイムに上乗せします。





 このお嬢さんは13歳、8頭身〜クラブメンバー(*^_^*)



 落馬すると、失格になります。



 競技用の馬場の手前に練習用の馬場が2カ所。
 馬乗りに(^O^)




 いらっしゃいませタイランド。 

戻る