タイの名所(FIMワールドSBK)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年3月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 3月FIMワールドスーパーバイクの観戦に行くことにしました。



 チケットはネット予約し、セブンで支払いゲット(上)です。
 正式名称は、「MOTUL SUPERBIKE WORLD CHAMPIONSHIP」

 折角行くので友人にメールし、良い撮影ポイントありますか?
 と聞いてみましたら〜。

 「お疲れ様です!
 こちらこそご無沙汰しております。
 SBKは私も行ってますので、また連絡します。
 つうか、走るんですが(笑)」

 あっっ(-_-;) 友人の美矢ちゃん(仮称)、どっちが本業か不明
 のサラリーマンライダーでございましたm(_ _)m



 そしてレースプログラムもいただきました(*^_^*)大感謝



 T8、T9コーナー=スタンドCにはホテルがあり観戦
 も出来るそうな(*^_^*)

 「ブリラムはコース内には通常は入れないんです。
 プレスセンターで登録しないとプレスベストをもらえません。
 ブリラムのサーキットに問い合わせて見るのも手かと・・・
 個人よりフーリーランスライターと申告した方が良いかと。

 一般の撮影はグラスタからか、1コーナーか最終のスタンド
 ぐらいしかなかったかと・・・・ただ遠いです(ーO?;

 一応、グレードAの国際サーキットですので。
 野原にアスファルトひいたトコとは違います(苦笑)」

 と〜アドバイスもいただき〜! 彼は選手だった(^_^;)、
 持つべき物は友人、予備知識と顔パス(*^_^*)ゲット!

 早速チャンサーキットへ電話してみました。

 「すいません! 外人のプライベートライターのプレス登録は?」
 「確認して折り返し連絡します・・・・・」

 バンコクの事務所にも同じ連絡をして見ました(*^_^*)
 そして1日待ち、3日過ぎ、、、1週間経っても返事は(^O^)

 と、言うことでグラスタ〜(*^_^*)



 セッティング中の美矢ちゃんです。



 俺たちカワサキが好きだ!Tシャツを着てますがぁ、
 彼はドカディもヤマハもホンダも持っている(*^_^*)



 本当は、83番の美矢チャン(仮称)を上の写真の様に撮り
 たかったのですが全滅組写真グループ入りでした(^_^;)m(_ _)m



 美矢ちゃんから、運転手さんも折角来たのだから・・と渡さ
 れたチケット。
 印刷された右端のゼッケン「1」選手だけはしっかり撮影出
 来ま(*^_^*)した。

 今回手持ちでシャッタースピード1/80秒に拘ったのは、
 1/125秒の流し撮りはほぼ極めて居るので、もっと難度の
 高い低速シャッターにトライしたかったこと(そしてほぼ全滅)。

 そして美矢ちゃんのゼッケンが86なので、1/80秒流し撮
 り写真を美矢ちゃんにプレゼントと目論んだのですが、腕以
 上を狙ったので全滅組に(>_<)。。

 でも1000近く撮って10枚ほどがヒット(*^_^*)良しとする。





















 そして最近のロードレースでは、ヒザをスル=ハングオン
 ではなく、ヒジを擦るライディングスタイルがトレンド(*_*) 
 でも〜ここまで倒すと転倒が怖い(>_<)









 最後に、宮ちゃんのお陰で、ピット顔パス、また運転君へ
 入場券の心遣いまでいただき大感謝です。

 次回は何とか1/80秒で(^_^;)(?_?)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 おまけ編



 変わったカラーリングのバイク、上はカンガルー
 そして下はタイ国旗

 

 オシャレです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ネット通販は凄い! 欲しい物リストやカートに入れて
 おけば、価格が安くなった時に知らせてくれます。

 先日も欲しいけど買えるわけでも無い高級カメラが〜
 売れてしまった。。。悔しいけどホッとする自分。

 買いたい病を患うと、購入しない限り治りません、しかし
 購入能力は別にして欲しい物をカートに入れて置いて、
 他の人に買われてドナドナして行くと、妙に(*^_^*)

 そして買った後にもっと安い物が出てくる時も(-_-;)



 上は昨年8月にネットで買って使えなかったブルートゥース
 の嫌フォン(ちょっと誤変換)、今年詳しい方に聞いたら、ペア
 リングして居なかっただけと判明し、復活(*^_^*) m(_ _)m

【ちょっとコーヒーブレイク】
 私が20代の頃、スーパースポーツと言われるリッターバ
 イクの車重は、180キロ台でした、その後、排ガス規制、
 ABS等の安全基準が厳しくなり、一気に220キロへ。。

 そして現在また180キロ近くまで重量が戻ってきているの
 は技術革新のたまものだと思います、しかしSさんが乗れ
 るバイクでは無くなってしまったなぁと。

 タンクにお腹が当たり、お尻より後ろにステップがあるバイク
 は苦手になりました。

 でも最近のバイク技術は素晴らしい! エンジンの回転数
 を気にせずにシフトアップやシフトダウンが出来る、バック
 トルクリミッター。 プレーキ時にロック解除のABSだけでな
 く、後輪の空転も制御できるASC機能が付いた(*^_^*)りと、
 最近のバイクは凄い、、、の一言(価格帯も、(-_-;)。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 自称おトイレ研究家のSさんです(*^_^*)



 チャンサーキットのトイレはヘルメットをかぶり、
 トイレにはゼッケンが(*^_^*)



 そしてお勧めポイント(おトイレではなくホテル)



 このホテル、チャンサーキットのT8−T9コーナーに
 あるコンテナハウス式のホテルです。1階駐車場で
 2−3階はホテル、3階のベランダ通路からは、レース
 観戦も(*^_^*)



 3階のベランダ通路から観戦するファラン、しかしひさしが
 無いので思いっきりまぶしく暑いのが難点ですが、でも一番
 コースに近い場所なのです。 フェンスの中は第9番コーナー





 今回思ったこと、プロは機材が違う、、この機材で軽く
 150万円オーバー、換えのレンズを含めば200万越
 え〜〜てます。



 そしてプレスベスト着用者はコース内から撮影が出来る、、
 裏山しいやら〜恨めしいやら(*^_^*)
 でも商売と趣味を比較してもしかたございませんねm(_ _)m

 今回の失敗からカメラのお師匠郷さんからいただいた
 アドバイス。

 押さえつもりで、表現方法を変えてシャッター速度を変え
 ものを撮る 1/250、1/500、1/1000。
 AFを見失わないために、両目を開けて撮る。
 また一脚の使用。

 美矢ちゃんと、郷さんに感謝の一日でしたm(_ _)m

【通勤途上の車窓から】
 ネコ目に見えますか〜ネェ。



 速すぎる人は、逮捕かも(^O^)




いらっしゃいませタイランド 

戻る