世界の名所(チェコ編)のお話                       http://www.kohbyo.co.jp/

【移動の日、チェコへ】
  12月XX日、午後ドイツからチェコへの移動です。ハンブルグ空港(ドイツ北端)

 

   (ハンブルグ空港)(ミュンヘン空港)

 から−ミュンヘン空港(ドイツ南端)経由のジェット(横6列)ミュンヘン
 空港は横に 長いガラス張りの空港で
 とってもシンプルできれいな空港でした。

 

プラハ行きの乗り換えのため出国スタンプ

まで空港内を約1キロ
  以上歩いた。プラハ行きの空港トランジットゲートで、出国スタンプ
 を押された (入国時はなし)。プラハ行きの飛行機は横3名、50人
 乗りのジェットで、入り口を倒すと 階段になるプライベートジェットタ
 イプでした。(写真参照)

  当初はプロペラといわれていたので少しだけ安心。プラハ空港は
 すんごい田舎の空港でした。

   (プラハ空港)
 
 そこからパドゥビス(PARDUBICE)へベンツタクシーで1時間50分。。。
 ホテルに着いたのは夜の11時30分。移動がとってもつらいヨーロッパ
 でした。移動時間は約14時間。。。
 
  この時の移動はチケットが取れないためのすごい遠回りした状態になり
 ました。ドイツ最北端のハンブルグ(札幌)から最南端のミュンヘン(鹿児
 島)を経由して、それから東京(フランクフルト)の横のプラハ(大島) って
 感じの移動になりました。
  
【チェコとの時差6時間(日本からは8時間)】
  夜11時30分に着いたホテルは、HOTEL LABE、部屋はツインでシテ
 ィーホテルサイズ。

 (すぐそばにラベ川が流れている、これがドナウ川になるそうです)でもとっ
 ても古いホテル、築30年は経っているように思われました。早速お風呂、
 バスタブにお湯を入れると、湯が黄色い。
 配管が錆びている様です。。。。おまけにとっても感激できるのは、トイレッ
 トペーパーは灰色で RECYCLING PAPIR 100%と書かれてあり、ちょっと
 スペルが違うが私でもチェコ語が読めて感激。
 紙質はもろ新聞紙とわら半紙をリサイクルした様な紙で固さも。。。でした。


 (ラベホテル内)これは、会社のタイ人スタッフへおみやげにしようと思いまし
 た(でも持って帰るの忘れた)。外の温度はマイナス5度。さすがに元共産圏
 のホテルは甘くないようでした。

【チェコお仕事始めの日】
 12月XX日(火)天候曇り、マイナス?度、昨日雪が降った様です。お仕事を
 しに行った会社は某有名家電メーカーのチェコ工場、通称MCCZの仮工場
 (旧レーダー工場の跡地)

 

 で使用されなくなったレーダーが工場裏にありました。レーダー見えます?
 ここも暖房は、温水暖房でした。チェコ人は、半袖の人もいて、体が耐寒
 仕様になっているようでした,が、こっちはしっかり長袖です。来年の3月に
 は2000平米の工場(人員2000名)が建つとのこと。

 もう行く機会はない、仮工場へ行く途中に外観のみ見ました。アウディ、
 BMW用のカセットデッキと携帯電話作る工場。

【チェコの状況】
 チェコの法律では20度にならないと就業開始しなくて良いとか。。。寒い。。。
 でもお仕事。(日本人は当然対象外です)日中でも 張った氷が溶けません。

  チェコの女性ですが、ドイツの女性に比べると若干小柄できれいな人も多
 く好感が持てます、
 しかし、でかい人はでかい、180cm強の人も多くてやっぱり異国を強く感
 じます。細身に見える人も55キロは軽くオーバーしているようです。
 Sさんのスペックではありませんでした。

【チェコのタクシー】
  チェコのタクシーですが、ドイツに比べ小型車が多い、4人乗りです。
 すごいことに、タクシーに は無線でつながれているプリンターが搭載されて
 おり、スーパーのレジで打ち出される物と同じ サイズの領収書を発行して
 くれます。(出発地点と終着点、金額)ガーガー、ギギギ、ジジジと プリント
 アウトされなかなかかわいい物ですが、ちょっと時間がかかるのが難点
 (じっと1分待 つのです)さすがにベンツでは無く、少し古めの車が多かった
 です。ガソリン代はドイツと同じく 90円ほどで、タクシー代が異常に物価に
 比べて高く感じました。

【チェコの生活と物価】
  チェコの物価はタイと同じような物で、ワーカークラスの給料は月3万円程
 とのことでした。
 但し、所得税が30%で、会社も同額負担をするとか、MGRクラスは10−
 15万円で、社有車支給が一般的だとのことでした。

 昼食はキャンティーン(食堂)で20KC(コルナ)1KC=3.4円位。チェコは、
 ビールの発祥の地といわれ、アメリカのバドワイザーは、チェコのビール
 職人がアメリカへ移住して作った物と言われています、ビールがあまり好き
 でないSさんは、ドイツチェコの旅、ビールとワインがおいしい国旅の恩恵には。

 仕方がないので、アルコールの入っていない水買って飲んでました。
 (この水は炭酸入りのソーダー水で胃にはこちらの方が良いとか、ゲップが
 出ますが慣れればOKです)外のホットドック屋さんで、水を買う時は、STILL
 (ただの水)かSPARKLING(炭酸入り)かを聞いてくれます。

 客先の工場のキャンティーン(食堂)で食べた、チェコの蒸しパンにシチュー
 添え(20コルナ)約70円はなかなかおいしい物(20センチ四方の蒸しパンを
 スライスして物にシチューを付けて食べる)でしたが、外のレストランではお目
 にかかれなかったでした。蒸しパン料理はチェコの代表的な料理とのことです。
  
  現在のチェコは、外国からの投資ブームで、出張に行った某家電メーカーや、
 自動車のトヨタ等が工場を造っている最中でした。(チェコがECに加入したら
 どうなるのでしょうか?よけいな心配をしてしました)

【チェコでの待機の日、プラハへ(6時間の旅でした)】
 Sさんはどこの国でもチェコでもお仕事マンですから、やっぱり予定より早く仕
 事が終わりました。
 よって待機の日が生まれました。(実は年末のホリデーで移動する人が多く
 チケットが取れなくて、帰れないのです)、仕方が無いので観光旅行です。

 

パドゥビス駅の中にあるパドゥビス市のモザイク。

 
 と、パドゥビスの市庁舎前の夜景。

 パドゥビスはプラハから2県離れています、プラハへは電車で片道1時間
 半の距離にあります。
 今回の目的は、プラハ市のカレル橋とプラハ城見学へ、1等車に乗って
 出かけること。チェコでは英語は全く通じない。と、言うよりも私の英語も。
 
 そこでやっとも思いで電車のチケットを買いました。チェコではコミュニケ
 ーションが大変難しい。

【ちょっと豆知識】
 ドイツでは切符買うときにリクエストすると、時刻表、乗り換えのホーム等
 の情報をプリントアウトしてくれてとっても便利で感激でしたが、やはり元
 共産圏に同じサービスを期待したSさんが甘かった。

 プラハまでの切符代は(230コルナ)しかし、どのホームに乗れば良いか
 解らない、電工表示板もない(新品と交換中に付き使用不可)でも何とか
 乗った。(実は切符をチェコ人に見せて右往左往する事15分)でも1等車
 はガラス張りの個室で6人掛けで快適でした。イスのサイズはビジネスクラ
 スのサイズでした。イスの座る部分がスライドするイスでした。改札が来る
 と(駅の改札はありません)何故か??罰金80コルナ払う?取られました。
 何故だ???

 目的地プラハメイン行きに乗ったつもりが、国際大陸横断鉄道が止まる方
 のプラハ駅着てしまったの罰金のが原因だったのです。最終駅ですよと太
 った女性の車掌さんに「この電車はプラハに行かないよ」言われ、しかたな
 く下車する。駅の外のマクドナルドでビックマックセット食べる99KC(コルナ)
 タイよりちょっと高い(本当はトイレタイムでした、危なかった。。。)。

 それから、近くのインフォメーション「iのマークがあり、ドイツも一緒でした」、
 そこでプラハメイン駅を訪ねると、ここは電車、バスのインフォメーションで、
 関係ないと言われましたが、もう一度訪ねると、うるさそうに地下鉄で3駅と
 回答がありました。Sさんにこやかに「ダンケ」と言う。私でも知ってるドイツ語。。。

 さて、移動は地下鉄にトライ、駅戻りましたが地下鉄がない。。。少し離れた所、
 (建物は同じであったが)地下鉄発見、券売機これが少し難解で、先に行き先
 のボタンを押して、金額が表示されてからコインを入れる、改札は自動改札で、
 時刻が刻印される。(周りの人はほとんど券を買わずに入って行った)、

 券売機にはENGLISHのボタンがありラッキーでした。まるでATMの様でした。
 ほとんど鑑札をしていないようでした。プラハの地下鉄は「メトロ」と言われて
 おりました。
 3駅目だから、3つ目の18コルナのチケットを買いました。(偶に改札があっ
 て捕まるようです。)郊外への列車は確実に改札されます。)チェコ人は何故
 か切符も買わずに地下鉄に乗り込んで行くのでした。。。

【プラハの町並み】
  プラハは、町全体が世界遺産に登録されている町とのことでした、しかし、
 教会やお城以外の町並みはドイツの方がきれいだった。ドイツでは5階建て
 以上の建物が珍しかったが、プラハではビルあり、 一般住宅もマンション式
 あり、豪華1戸建てありで、ドイツ以上に豊かな国と思いました。

  

 プラハ城内から                                ここがカレル橋 



 カレル橋の上から見た風景 



 チェコ、プラハ市全景(プラハ城から)
 
 カレル橋とプラハ城、元共産圏でもっとも観光スポットとなっている所だそうです。







 

  プラハ市内                    プラハ城礼拝堂内

  国立博物館前を起点に歩いて約60分。。。行った価値はありました。。
 どこだどこだと道に迷いながら、何とか到着、プラハの道は斜めに走って
 いるので、1本間違えると1kmは多く歩かされます。
 カレル橋は、石造りで橋の欄干に石像が沢山並んでおりました、さすが
 観光名所、橋の上には400名ほどの人が歩いておりました。
  
  プラハ城は、小高い山?丘?の上に位置し、城よりも大聖堂の建物や
 ステンドグラス、テンペラがきれいでした。何故か城の中に、バービー人
 形とテディベアの博物館のありましたが、入らなかった。お城の中の博物
 館は4カ所に分かれており、120コルナ、しかし正門側から入らないと売
 って無いので、お城の後ろ側から来ると遠回りになりますのでご注意下さい、

 私はこの寒さ防止のために買った帽子が役立ちました。私はこの日1日の
 観光で、私の太股ちゃんは、しもやけになりました。
 この季節に夏ズボンで歩き回るのは危険です。ゅタイから行けば当然夏
 ズホン。。。。

【チケットの日程が合わず、又待機の日】
 12月9日(日)、晴れマイナス5度、昨日にパドゥビスと言うプラハの隣の県
 から移動して、プラハのホテルに泊まっております。シャワーしかなくても
 高いホテルでした。

 今日は国立美術館巡りです。これも国立博物館を起点に歩いて約1時間、
 入場料180コルナ、建物は6階建ての近代的なビル。主に19世紀津以
 降の作品が展示されていました。ピカソの油絵(自画像を含め20点弱)
 ゴッホの油絵(糸巻き杉)1点のみ(5cmの間近に見ました、ゴッホの絵
 はキャンバス素地が何カ所も見える荒い絵でした。)

 それとロダンの彫刻(ドボルザーク、弓を引く人、他10点)ドボルザーク像は 
 美術館の中の正面玄関ホールにありました。重要な作品の前では、チェコ
 人の監視人とTVカメラがありましたが、綱は張ってないので、タッチまで見
 ることができます。約1時間30分の鑑賞、さすがに絵と一緒に写真を撮る
 勇気が出ませんでした。係員の人は、皆さん初老の恰幅の良い愛想のない
 方々ばかりでした(本当にイメージ通りの共産圏の人でした)。

 これで美を愛でる事ができるのでしょうか?と言う人達でした。係官は80キ
 ロ以上ありそうな不愛想な女性係官がそこココにいて、とっても写真なんか
 撮れる状態でなかった。(写真撮影禁止も看板も出てました)

 帰りは、ピザテリアで、ピザを食べてから地下鉄に乗って帰ってきました。
 (チェコ市内は全駅12コルナとインターネットが言っておりました)毎日知識
 が付いていきます。イタ飯は、どこに行ってもはずれなし、食に困ったとき
 はイタ飯ですね。焼きたてのピザはとってもおいしかった。

【待ちに待った帰タイの日】
 12月10日(月)気温マイナス4度、薄曇り。BKKへ移動の日です。しかし夕
 方便まで待機のため、午前中は国立博物館へ見学としました。この博物館は、
 剥製と鉱物博物館であった。剥製はマンモス、モア、ドドー鳥等の絶滅種に始
 まり、象、キリン、サイ等の大型動物から小鳥、昆虫に至るまでなかなかの物
 でありました。(今ならDNAを取って、絶滅種を復活?チェコの国は儲かる??
 頭がすっかりジュラッシックパークになっておりました)Sさんは思わずマンモス
 毛に触りました。。。。

 博物館では小中学生の社会科見学のご一行とぶつかりましたが、子供は本当
 にかわいいです。中学生にもなりますと胸の膨らみを出てきて、そそるものもあ
 りました。最近の子供?は皆、8等身です。10等身の子もいました。見とれて
 いますと小学生位の女の子から「おじさん、ガラスにさわっちゃいけないんだよ」
 と笑いながら注意されました。ちょっと赤面でした。言葉は解らなかったけど通じ
 ました、
 やっぱり西洋人も人間だ。だけど大人はかわいくないんです。とても同じ人種と
 は思われませんでした。やっぱりでっかいし、太い。博物館の係官も、初老(60
 近く)で愛想のない係員が多かったです。

【ちょっと横道】
 お陰様で知識だけは付きました。みなさんヨーロッパはきれいだけど、やっぱり
 夫婦2人連れで来るところです。男連れの旅は向きません。

 夜は寒くて、ほとんどホテルで晩飯を食べていた。寒くて日中でも1−2時間の
 外出が限度、夜はとても外に出る気になれませんでした。。おまけにプラハの
 物価は他県の2倍でした。

【帰国の日、続き】
  長かった15日間の旅の終わりです。プラハの町からでは空港まではタクシー
 で約20分、540コルナであった。ルフトハンザのチケットセンターへ行き、予約
 チケットの確認後、チケット発券カウンターへここでカウンターのおばちゃんが
 とっても愛想良くしてくれました。
 (いかにも極悪共産圏の役人という感じのおばさんが)出したチケットが無い、
 バンコクから来たチケットの控えが無い、タイのビザはどこだ?等々いろいろと
 因縁を付けてくれました。初めてヨーロッパに来て一番長く会話した女性となりま
 した。(Sさんはもう来ないぞ!!って心の中で決めました)。でも奥さんとなら来たい。。。

  プラハ空港を出発するときには小雪が舞っておりました。チェコは、カジノOKの
 国で、空港内にもカジノが設置されておりました。(でもやらなかかった、ホテル
 にもあったけどしなかった、
 賭け事は嫌いです。ビールもワインも嫌いです)私が見たヨーロッパはきれいな
 だけの国でした。

 さあ、タイに帰るのですが、プラハ−フランクフルト経由BKK行きのため、待ち合
 わせ時間を含めるとまた約20時間の旅になります。(プラハ空港で2時間、フラン
 クフルトまで1時間、

 フランクフルト空港の待ち合わせで3時間、フランクフルトからBKKまで12時間、
 会社まで2時間。)エコノミー症候群はほんとにあります。長距離は体のために
 ビジネスで行くことをお勧めしますが、Sさんはエコノミークラスだったので、しん
 どかった。

 現在フランクフルトの空港でこのリポートを書いています。フランクフルトにハン
 バーグとおいそうな町を経由して旅でした。世界遺産も2カ所巡礼してきました。
 でも夜は本当に不毛でした。
 フランクフルト空港は、PC用の机と電源が各4カ所毎、全ての搭乗口待合室に
 付いておりました。とっても驚きでした。(今はタイで校正してます)

【最後に豆知識】
 ヨーロッパの窓の話です。ほとんどの窓が木のサッシでした。最近の物は、2重
 窓ではなく、1重ガラス、その代わり、中に結露防止用の穴の空いた金属フレー
 ムがついておりました。

 おまけにこのサッシの開閉機能がすごい、レバーは下にすると閉まる。レバーを
 横にすると窓が横に開く。レバーを上に上げると、窓の下側が固定され窓の上側
 のみが開く。
 この機構はどこの国も同じとのことでした。なかなかの優れものですが、上側の窓
 が開いているのを知らずにホテルで寝て風邪を引いて居た人もおりましたので、
 寒い季節のヨーロッパへ行く方は要チェックです。寝る前にはカーテンを開らいて
 確認して寝た方が良いようです。  でも何で、日本には無いのか??  

【電話のお話】
 携帯電話はやっぱりGSMです。ドイツでもチェコでも快適につながりました。日本
 も含めて早く世界統一のシステムになってもらいたいと思います。コンセントをつな
 ぐジョイントはスーパーで安く売ってます。現地調達もOKですが、空港では手に入
 りませんので要注意です。

【食生活】
 毎日、ハムとチーズに親しんで、体型もヨーロッパ系に近くなり、体臭が強くなった
 気がします。
 タイに帰ったら要減量です。これでまずいヨーロッパ料理にさよならです。それと料
 理の小話、どのレストランでも皿を暖めるための、コンロが出てくるのです。アメリ
 カは何でも冷やして、まずい料理っだた気がしますが、所変われば品変わるです。
 また、どんな田舎町に行ってもチャイナレストランとイタ飯屋さんがあります。
 庶民の味なのでしょうか?(イタ飯にはずれ無し!困ったときにはイタ飯です!!)

 それにつけても、やっぱりタイの方が過ごしやすいです、ゴルフのできるし、言葉
 も通じる、ご飯もうまい。もう、ヘビーなまずい食事から解放です。毎日ソーセージ
 は食べる気がしません。
 帰りの便はドイツ人で満員御礼でした。ヨーロッパの人がバケーションで、移動
 (逃げる?)する気持ちがよく解りました。日本人は、週末をホリデーって言います
 が、昔、イギリス人にそれはデーオフと言われ休みに対する感覚の違いに驚きま
 した。ヨ−ロッパの基準ですと日本にはホリデーは無い様です。

 タイの国の悪口?不満はしばらくはクリスマス休暇に入ることになると思います。
  スキーができないぐらいは我慢の内には入りません。しかしもっと過酷な状況で働い
 てる日本人もいる事に今回ハッと気が付きました。

 食事の続きですが、私の体験では、世界で一番まずい料理は、今のところフィリ
 ピン料理です。
 これで、国境越えも合わせると、12カ国目の旅で1ダースの区切りになりました。
 (私の知合いの国立大学の助教授サンは「絶対エジプト!!、フィリピンはまずい
 だけ、エジプトはまずい上にとっても高い)とおっしゃってましたので、機会があれ
 ばアフリカ大陸まで行きたいです。

 次回は中国旅行記にトライする予定です。 長々とお付き合いありがとうござい
 ました。

【豆知識の追加】

 コルナの両替ですが、両替所はじっくり選ぶのがコツです、同じ空港内にあっても
 手数料が20%も取るところもあり、、、、日本のように定価に慣れている日本人
 には、とっても外国はお勉強になりました。私が行った年は、ユーロに切り替わる
 前の年でしたので、ドイツマルク、コルナも良い記念コインになりました。
 (コルナ=約3円)

           

プラハ市内の有名なからくり時計、右下の骸骨がひもを引きます。
                                                     
                                                 つづく?



戻る