タイの文化(ちょっとコーヒーブレイク)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年2月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 2月某日、会社のバスツアー。
 向かった先はトラート県のコ・チャン島=ゾウ島:グーグル
 アースで見ると口を開けた象の頭に見えます。



 会社からはバスで3-4時間の距離、島へはフェリーが
 出ていますが、大型車やバスは乗れません。 今回島
 へはフェリーをチャーターしての移動でした。 



 海辺では、観光用のゾウさんと遊べる(*^_^*)
 ゾウさんとファランの写真のご投稿は、縁ちゃん(仮称)
 からm(_ _)m感謝。

 タイでは福利厚生の一環として、会社主動でレクリエー
 ションが大事なのです。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 自転車していて1回だけハンガーノックになったことが
 あります。 ハンガーノックとは、長時間スポーツをする
 ことで起こる低血糖症の状態をいいます。

 要はガソリン切れの車と同じで、気力があっても走るこ
 とが出来ない状況になります。

 症状は、力が入らない。。。(^_^;)

 長時間の自転車では、走りながらドリンク補給や軽食
 を摂ることありますが、その補給は約30分後のものだ
 そうな。

 Sさんはお休みの日、だいたい最低60キロ走りますが
 60キロまでなら、ドリンクも軽食(あんパン潰してポケット)
 も必要ありません。

 自分の目一杯の7−8割で走ると、長時間対応が出来
 るみたいです。 まぁ慣れもありますが。



 補給食としては手軽に食べられる、セブンイレブンの
 タイランド・バナナも良いカモです、12バーツ=約36円。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 4年前の写真から、この写真を含めて写真が好きになっ
 たきっかけの一枚です。



 動物はじっと待っていると目を合わせてくれるから
 大好きです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 会社から約20分、自宅から4-50分の乗馬場、
 昨年から乗馬代が1時間300バーツになったことにより、
 タイ人のメンバーも少なくなった様な気がします。

 その前は150バーツ、その前は100バーツでございま
 した。 900円→450円→300円

 ちなみに現在の年会費は3000バーツ(約9000円)
 その前は2000バーツでした。



 昔〜良く乗った、ヨーセン君、大型馬にしては、背中が
 柔らかく乗りやすかったな、この馬なら乗馬術も(*^_^*)
 ありだと。

 乗馬時間は、火曜から日曜の午後5時から、
 そして土日と祭日は、朝8時からもあります。
 月曜日は定休日。

 ホコリ防止のために水をまいてから乗馬になります。



 馬場には初心者用の障害が。



 小柄な白馬、、このサイズはSさんでは乗れない。。。
 2頭目の首下に見えるドーナッツは、塩です。





 最後に、元長男氏君の愛馬、ラッサンデー君。
 長男氏君は乗馬を卒業してしまいましたが、Sさんの
 愛馬ウイロン君が空いてない時に希に乗ることも。



 気がつくと、乗馬歴14年(*^_^*)、しかし1時間の乗馬時間
 長く感じられるこの頃です、体力的にも乗馬は絶対生涯ス
 ポーツにはなりえないと実感中です。

 ちょっと馬雑学
 馬に乗る前は、背中と体にブラッシングをして、蹄鉄とヒヅメ
 の間のゴミや泥を取り除きます、 慣れた馬は、足首に手を
 やるだけで足を上げてくれるので、Sさんは、お手と呼んでい
 ます。

 また障害物をする馬には、足首にプロテクターを付けます、
 装着が慣れた馬は動かないのですが、気の乗らない馬は
 動き回り逃げます(*^_^*) 馬の足下だけを追いかけている
 と、壁と馬に挟まれることもあるのでご注意を(*^_^*)

【通勤途上の車窓から】
 工業団地内を疾走するピザ屋さん



 よく見ると荷台が傾いていますので、バイク持ち込みかも(?_?)



 ピザ屋さんは偶にスタッフへの差し入れで利用しますが、
 注文して30分以内には来ますので、タイにしてはオン
 タイム(*^_^*)




いらっしゃいませタイランド 

戻る