タイの文化(牛と馬)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年2月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 1月27日、中国正月を祝って仏壇にお供え物とお祈り
 を、タイ人は意外と中国系が多いです。









 祈りを捧げられた供物は、昼食のおかずとなり社員へ
 還元です(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県自閉症センターより、毎週木曜日の水牛
 セラピーの日のご投稿がございましたので、さっそく。

 水牛セラピーは、シリキット王妃様の慈善事業プロジェ
 クトで、チョンブリ軍基地内施設で活動中です。

 軍からは水牛、兵隊さん、建物の無償貸し出しをサポ
 ートいただいています。



 水牛セラピーは、兵隊さんが3−4名が付きっきりで対応
 で、水牛は軍が管理。



 こちらはアルビノ水牛(*^_^*)

 そして水牛セラピーの責任者は、パン・トー(中佐)さんです。
 中佐は、タイ王国陸軍の階級表から見ると上から6番目に
 なりますので、かなり偉〜い高級将校さんと判明です。

 Sさんも2度ほどお会いした事がございますが、あたりの柔
 らかい紳士で、普段は、プー・パン(千の星を持つ人)と呼
 ばれています。

 軍隊の階位は、星の数の多さで決まるので(*^_^*)、
 たくさん=数え切れない程の☆の数ほど偉い!って感じ
 になるのでしょう。



 今回、チョンブリ県自閉症センターからの投稿写真で、
 そのプーパンさんが頭を下げるもっと偉い方の訪問が
 あったことをしりました。 大佐?それ以上はジェネラル
 クラス(*_*) プーパンさんは中央です。

 右はもっと偉い方だと思います。





 とっても偉い軍人よりオレンジジュースと、ピザの差し入れが
 ございました。



 チョンブリ県自閉症センターの無償福祉活動を応援します!
 ご投稿どうもありがとうございました。

 ちょっとタイ軍階位雑学
 タイの軍隊階級には、10=シップ、100=ローイ、1000
 =パンが入ってますので、下の表から探して見て下さいね。

 星の数だけ偉い! そして、エーク=1番、トー=2番、トリー
 は3番と訳すと階級がはっきりします。

 下面ライダーにゾル大佐っていたなぁ(*^_^*)


元帥 チョーム・ポン
大将 ポン・エーク
中将 ポン・トー
少将 ポン・トリー
大佐 パン・エーク
中佐 パン・トー
少佐 パン・トリー
大尉 ローイ・エーク
中尉 ローイ・トー
少尉 ローイ・トリー
一等曹長 チャー・シップ・エーク
二等曹長 チャー・シップ・トー
三等曹長 チャー・シップ・トリー
軍曹 シップ・エーク
伍長 シップ・トー
兵長 シップ・トリー
歩兵 ポン・タハーン

 障害者に優しいタイ陸軍でございました。

 日本にはその昔、一等兵や2等兵という階級があった
 なぁと思い出す。

 軍隊の役職って解りづらいですがぁ、中将以上はジェネ
 ラル=将軍ですね。

 ちなみに映画のキャプテンアメリカは、大尉(ローイ・エーク)
 さんなので、結構偉い!

 ちょっと兵隊さんとは違うのですが、Sさんが中学、高校
 生の頃、今と違って自衛隊は全く人気が無く、入隊すると
 いろいろな免許が無料タダで取得できますヨ(*^_^*)と宣伝
 していたのを思い出しました。

 今じゃ倍率高い公務員枠になったとm(_ _)m

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ガッカリすること、恐縮すること。

 ガッカリすることは、靴を履き替えるエリアが無かったので、
 昨年スノコを準備したのですが、スノコの上に靴で上がってくる
 タイ人が後を絶たない。。。

 逆に恐縮するのは、ガラス扉の前で素足になり2階事務所に
 来る方も、、ガラス扉前に靴やサンダルが置いてある時も
 多々あり。



 この方の場合、スノコに靴で登り靴を脱ぎ、靴ロッカーから
 サンダルを出して履いたけど、靴はスノコの上のママだった。。

 スノコの前で靴を脱ぐとか、地図の上は北とか、、、日本人が
 当たり前であると思っていても、文化と教育の違いをまだまだ
 感じる時がある。 アメージングタイランド!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 乗馬場の教官から豆にラインが届きます。 近況報告で
 あったり、年末年始の挨拶も。

 そう言えばぁ〜今年は初馬していないなぁと、自転車の方
 が面白くなり(^_^;)(^_^;)(^_^;)。

 さぁ15年目の初馬はいつにするか。。。

 と、横で家内が、、、「もう辞めても良い年でしょ」

 と声援を送ってくれています。

 休みの日は馬の時間帯と夫婦自転車の時間帯が重なっ
 ていて同じなのです。 乗馬終わって帰っ来ると10時・・・
 日は高く、タイの日差しはジリジリになります。 

 馬は暑さに弱いので、朝と夕方に乗馬場は開いています。



 で〜♪行ってきました乗馬場



 入り口から2番目にいるナレー君、ニンジン渡す前から遊ん
 でくれと、手をナメてきます。



 昔の愛馬、ナレー君と(*^_^*) カメラ目線で地鶏(^O^)



 つづいて乗馬場で一番性格の悪い白馬君(噛み癖あり)と、
 名前は(?_?)(?_?) S家の長男氏君は、この馬に噛まれたこ
 とがございます。





 ウイロン君の鼻アップ。



 そして最後はSさんの愛馬ウィロン君(*^_^*)、ちょっと逆光。



 ちょっと馬雑学
 馬の寿命は大型の動物にしては15歳前後と短めです。
 先週乗った馬が、今週ポックリなんてことも。

 乗馬場の馬は、スペインからの輸入しふやしていったも
 ので、障害競技(ジャンプ)がメイン、馬術(ステップ)をする
 人は教官ぐらいで少ない。
 
 馬は背中が硬く、飛んだり跳ねたりは基本的に苦手なの
 で、その技術を競うのが障害物、騎手の腕で。。。と言い
 たいですが、馬8、騎手2割(*^_^*)

 でも跳ぶのは苦手なので、汗かくほどの準備運動は必須
 です。 騎手が跳ぶ気で行って、馬が止まると落馬です。

 お馬鹿さんの代名詞に使われる馬ですが、人の顔も覚え
 るし甘えて来ることもあります。
 下手な乗り手を嫌いわざとヒザを折り落馬させる性格の
 悪い馬もいます(*^_^*)。 

 全体的に、500未満の中型馬の方が気性もおだやかで、
 500キロ以上の大型には気性の荒い馬が多い様に感じま
 す。

 Sさんの所属する乗馬場で今年4月末に競技会を予定して
 いますので、Sさんはまた今回もカメラマン参加をする予定。

 過去の乗馬競技会は、第1125、1501、1502話など
 ご参考まで。





いらっしゃいませタイランド 

戻る