タイの文化(ローイ・クラトン)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2016年12月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 11月14日は、スーパームーン+ローイ・クラトンの日で
 ございました。





 S家の2階の窓からISOを変更して撮影。

 続いて、Sさんのスタッフから(*^_^*)
 スーパームーンと灯籠流し(ローイ・クラトン)



 ロークラントンは、紙やバナナ茎、葉で作った灯籠を川、海
 池などに流して農業の収穫に感謝するお祭り。

 一時期は、発砲スチロール製の灯籠が流行ったが、ゴミと
 エコでないため最近は自然の材料を使うようになりました。

 また、コムローイと言う紙製の気球も飛ばす(ビニール製の
 方が多いかも)が落下時に火事が多発しているので禁止し
 ている地域も多いです。



 チョンブリ県の海沿いの公園です。



 目をこらすと灯籠が(*^_^*)





 カイさんご投稿ありがとうございました。



 最後に、チョンブリ県自閉症センターの児童が作った
 自然に優しいバナナ製のクラトンご紹介です(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】


 
 タイの電柱は四角い、日本製は丸い、中国は地下ケーブルが
 多かった。

 タイの電柱は四角、ボルト穴は貫通式、コンクリを流すだけな
 ので特別な設備も不要。 

 日本製は鉄筋を型にコンクリを流して回転させて作る、コンクリ
 は遠心力で外側のみ付き中空となり、軽量化。 しかしそれな
 りの設備が必要。

 タイには四角い電柱があっています。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 「お誕生日は、アラスカでフレンチ」 と妹氏から









 フレンチは雰囲気を出すために照明を落としているのですね

 ご投稿ありがとうございました。(*^_^*) フレンチレストランで
 フレンチ食べたことが無いSさんでした。(^_^;)
 
 お皿が大き過ぎる(*^_^*) 食べ物が少ない(?_?)。

【ちょっとS家の庭から】
 10月〜11月は、タイの大学の卒業シーズン、日本と異な
 ることは、親、親族が参加すること。 (最近の日本は参加
 するみたいですが)

 30年ほど前、タイの大学卒業率は人口の5%と言われて
 いました。 現在は10%程度と言われていますので、家族、
 親族にとっては誉れと卒業式に参加するのです。

 卒業式は、国立系が王族からの卒業証書、私立系は校長
 先生からの授与は一般的。共通しているのは、卒業証書の
 授与のために練習日と本番があり、2−3日間も拘束され
 るのです。

 そして本番の日、家族の参加ですが、証書の授与時には参
 列できません、外での準備時に一緒に写真を撮ることが、
 風習になっています。



 長女子君の通った大学



 長女子君の大学はミッション系なのでファーザーから卒業証
 書を授与されたそうです。 

 ちなみにS家の長女子君も卒業式が御座いましたが、家内
 も私も参加しないで夫婦自転車してました(*^_^*)。

 代わりに事前に自宅でマントと角帽の姿の娘と家族集合写真
 (*^_^*)を撮りました。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 会社の福利厚生委員会(9名中)、任期切れ4名に対して7名
 の立候補があり、選挙となりました(^O^) 私も一票入れました。





 そしてその場で開票風景、緑の紙が投票用紙

 タイでは、3ヶ月に一度、福利厚生委員会との会議を持ち
 労使が潤滑に行く様に話し合い持ち、その議事録を労働
 局提出しています。 

【ちょっとコーヒーブレイク】

 最後は新入生到着、これでまた技術のレベルアップ(*^_^*)






 いらっしゃいませタイランド 

戻る