タイの文化(会社のタンブン)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2016年10月吉日 


 プミポンアドゥンヤデート国王陛下の御崩御を悼み、
 謹んで御冥福をお祈り致します。



 半旗



【ちょっとコーヒーブレイク】
 毎年10月の恒例行事、会社のタンブン(お坊さんを招いての祝福)
 今年は、サブファクトリーで10月7日に実施。

 まずは、メイン工場の仏壇にお供え物をして祝う。



 左はヒンドゥー神、 右の仏壇は土地神様、祈るタイ人は仏教徒と
 いろんな宗教が混在するタイランド。



 そしてサブ工場へ移動して仏壇へお祈りを上げます。



 仏壇への供養時は、靴は脱ぎます。





 お坊さん9名登場、タイのラッキーナンバーは9なのです。
 朝の托鉢時はお坊さんは素足です。



 社員各自が準備したお供え物を供養します。





 ゲゲゲの鬼太郎のネズミ男のモデルは、タイのお坊さんカモ。



 お坊さんの僧衣は、1枚の布を巻いて着ています、下はズボンです。



 礼儀?信心深い人は、膝をついて素足でお供え物を渡します。



 お坊さん9名による読経。
 タイ式の崩した正座は、Sさんには拷問です。



 終わったら食事の供養





 仏像から出ている糸は、9人の僧侶の合掌する手の間を通して
 工場全体を巡らせ、会社全体に祈りを届けます。 通した糸は
 自然に切れるままに任せるのが通例です。 



  食後は、祝福の水をまいていただきます。



 最後にお土産渡して完了です。

 これで1年、社員も会社も徳を積んだので商売繁盛、無事故で(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】

 Sさんのトト様は心臓カテーテル手術をしてもうじき1年を迎えます。

 そこで心臓カテーテルについて知らべたらぁ、発明者はドイツ人で
 故ヴェルナー・フォスルマン医師(1904年8月29日ー1979年6月1日)
 と言うことが解りました。 

 そして1929年だから今から80年以上も前、同医師は自らを実験台に
 自分の腕を切開して、自身の心臓にカテーテルを通し、その結果を調
 べるために、自らレントゲン室まで移動して、レントゲン写真を撮り心臓
 にカテーテルが達して居ることを確認したと。 

 カテーテル手術は最新医療と思っていましたが、以外と歴史のある
 手術であったと知りました。 フォルスマン医師は、後にノーベル生理学・
 医学賞を受賞。

 この医師のお陰で、Sさんのトト様は延命できたのだと感謝m(_ _)m

 ノーベル賞は人事ではなくS家にもその福音が届いていたんだと(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】

 デパートで自転車フェアやってました。
 下の自転車で22万バーツ=約66万円でした、 展示されて居た自転車
 で一番高かったのは55万バーツ=約165万円の台湾のメリダ社製。





 後50歳若ければ、このヘルメット被って(*^_^*)



 電導自転車(*^_^*) ちょっと誤変換、でも電気自転車を伝道すれば
 未来の殿堂自転車かも。





 いらっしゃいませタイランド 

戻る