世界の名所(メルボルン)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2016年9月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 家内がオーストラリアのメルボルンへ行ってきましたので、
 ご紹介です。

 この夏の季節、南半球は確かに冬だった、、、日本人にとって、
 シドニーとかケアンズは有名ですが、メルボルン(?_?)







 美味しそうなムール貝の煮込み



 伊勢エビ(*^_^*)













 季節は真冬、火の恋しい季節(*^_^*)



 がま口のベンチ、座ると懐が温かいか?寒いのか?(*^_^*)



 世界中どこにでもあるチャイナタウン(*^_^*)



 観光用3輪車



 路面電車










 何故かタイ飯(^_^;)(^_^;)











 朝からカロリー高そうなクロワッサン(*^_^*)

 家内のお土産は、写真のリンゴ(酸味と甘みが絶妙)と洋梨(美味い)
 でしたが、日本の果物よりずっと美味しく感じられました。

 最後に家内から一言

 「オーストラリアは、市場でも屋台でも1000円以下の買い物でも
 クレジットカードが使える便利な国でした」

 ご投稿ありがとうございました。m(_ _)m そして頑張れニッポン!!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 年寄りは、運動の翌日、翌々日に筋肉痛になると言うのは 「嘘」
 であると実体感中。 

 筋肉痛は、年齢に関係なくオーバーロードの時は当日に発生し、
 そこまで負荷が掛かっていない運動では、翌日または翌々日に
 筋肉痛になるそうです。

 では何故若いと当日(?_?)、年寄りは翌々日言われるのかの?

 若者は若気の至りで限界まで無理をして、高年齢層は(*^_^*)程々
 で打ち切る自制心(^_^;)の差から。 



 3回目の檄坂を終わって64キロ。

 Sさんこの処の運動は自転車オンリー、乗馬も1か月やってない、
 夜間自転は周1−2−回でノンビリ(南風が強くて(^_^;)ですが、
 週末の朝自転車は、結構本気モードしています。

 もちろん家内との夫婦自転車は、お散歩レベルですが(*^_^*)、

 一人で走る時は、30キロ前後で流して集団で走るグループに抜か
 れるを待って追走し、10〜15キロを34〜38キロ平均で先頭を交
 代しながら走り続け、3カ所ある坂のいずれかで、ダッシュをかけて
 千切る練習(追い抜く時は40キロ以上になります)を課しているのです。

 追い抜きに失敗して追いつかれて集団に飲まれても、坂の度に
 コレを繰り返していると、その集団にも認知されて、次の周で流し
 ている時に 「また、ご一緒しませんか?」 と声がかかって来る様
 になるのが楽しみ(*^_^*)の一つ。

 ボロ負けや付いても行けない時は、私は50代だから・・と言い訳して
 自分を慰めます(*^_^*)

 自転車は、コアともシェルと言う集団に入ると空気抵抗が少なくなり、
 且つモチベーションも上がるので、独走時より10%以上はスピード
 が上がるのですヨ。

 当然、こういう状況では、普段以上に無理をして体に負荷をかけて
 いるので〜その結果〜当日筋肉痛(>_<)

 バンプラ湖畔廻りは国際空港のスカイリンクに比べて道が悪いのと、
 湖畔の木で、向かい風も追い風も若干軽減されるので、スピード
 も下がりますが、マックススピードをキープして(^O^)。



 二日目の3周目を終えて、65キロ。

 お陰様で、お休みの日の午後はテレビが私の寝顔を観ている状況
 が続いています。 そして目さめるとテレビは消されている。
 
 コレで週末過食を改善すればしなければ痩せるのでしょうが(-_-;)

 自転車の月平均走行400キロは達成中ですが、目標体重68キロ
 遠くなったり、もっと遠くなったり(*^_^*)

 でも頑張るためのモチベーション維持に大事なことは、小さな事で
 も達成感が合った時には、自分へのご褒美(*^_^*)、スモールプレ
 ゼント重要 (但し腹一杯を除く) です(^O^)




 いらっしゃいませタイランド 

戻る