S家の家族のお話    
                                 2004年7月吉日 

 お久しぶりです、Sさんです。

【S家の家族変更のお話】
 最近S家の家族構成が変わりましたので、お知らせします。

 第136話でご紹介申し上げました、ウサギのチャー嬢がお亡く
 なりになりました。よって、シーラチャーの愛称で付けた名前が。。。。
 (♂白=シーラ、♀茶=チャー)Sさんの住んでいる所はシーラチャー。。。

 仕方が無いので、新しいウサギを買いに行ったのですが、売って
 いるのは白だけ。そこはそれ、すぐに妥協するSさん、娘に白い
 メスウサギを買って来きたのでございました。

 新しいウサギの名前はまた付けておりませんが、Sさんの娘は親
 に断りもなく、勝手な名前を付けて呼んでいるようです。S家はダブ
 ルネームがあふれています。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんウサギを飼い始めて初めて知ったのですが、ウサギは1匹
 で飼うと寂しくて死んでしまうそうです。。。(本当かしら?)また、
 寿命も12年も生きるタフネスとの事です。。Sさんは飯代が心配
 になりました。

 そこで夫婦会議を開催し、議長権限で「ウサギの野放し」と決定、
 と、言っても庭へ野放しですが、、、決めた手前、門に網を取り付
 けたり、、、結構また予算がかかりました、、、。1匹2−300バーツ
 (600−900円)にいくらつぎ込んで居るのか。。。
 
 S家の庭はウサギが遊ぶお庭となりましたが、ウサギは芝刈りも、
 植木の手入れも手伝ってくれない生き物で、、、見た目はかわい
 いが呼んでも来ない動物は。。。何故かS家の家族は呼んでも来
 ない者の集まり(猫、ウサギ、息子、娘、、)になってきました。。。



【おまけ編:日本の東南アジアに対する偏見】
 Sさんには、弟(Mさん)がいます。タイで働いていたのですが、
 先月に日本へ帰りました。
 この弟さんですが、また6ヶ月後にタイへ出向で戻って来るそうです。
 ハイ、この弟のMさんから投稿がありましたので、ご紹介です。
 
 こんにちわ。Sさんの弟のMさんです。
 昨晩、夜ご飯を買いにイトーヨーカドーへ行った際のことのお話です。
 唐揚げを食べたいと思いお惣菜コーナーへ行った。
 すると、そこには、若夫婦らしい二人組みが先にいた。

 男「唐揚げ買っていこうよ。これ、安いよ。(¥200位 量多目)」
 女「これは、だめ。タイ産て書いてあるでしょう。こっちにして
   (国産鶏¥300位 量少なめ)」結局、国産表示を買っていった。

 偏見というか…。
 やはり、日本いる人間からは、東南アジアの遠い国でしかないのか?

 ハイそうですね、良きに付けどこにでも思いこみ?偏見はあるよう
 です。

 Sさんの偏見、外人は臭い、、、(これは本当です)
 先日弟のMさんの歓送会でパタヤでステーキを食べましたが、もう
 じき食べ終わる時に、お隣に外人ファミリー6名様ご一行が横のテ
 ーブルに座りました。。。
 
 臭かった。。。香水臭かった。。。トイレの消臭剤攻撃の様でした。。。
 後一口が美味しくいただけませんでした。。。外人が付けるのは
 オードトワレではなく、読んで時のごとし、オードトイレット
 (嘔吐トイレット)です。

 お食事中の方がいらっしゃいましたらごめんなさい。

 と、言うことで今回はここまでです。

     つづく。 

戻る