タイの文化(出向者のビザ更新制度改正)のお話    
                                   2004年7月吉日 
【タイに出向している諸外国人のビザ更新のための最低所得】
 お久しぶりです、Sさんです。今回はタイで働く外国人の最低所
 得が改正されたお話です。

 2004年7月10日から、「日本人がビザを更新するためには税
 込みで月60,000バーツ(約18万円)以上での給与所得を受
 けていなければならない」と改正されました。

 これまでの、日本人向けのビザ更新(外国人の滞在許可に関す
 る条件では、月40,000バーツ(約12万円)でしたので、50%
 アップとなります。

 今までタイ国内での現地採用日本人は4万バーツの所得が一般
 的でしたので、企業としては何らかの手だてが必要になります。
 Sさんの知っている会社での対応法として、総支給を6万バーツ
 として、所得税を納めるが、本人へは4万バーツ時での手取りし
 か支給しないと言うセコイ会社もございます。

 ちなみに、日本人以外の外国人に対する最低所得も規定されま
 したので、ご紹介致します。

 1)外国人のビジネスビザ更新に関する所得。
   ・日本、アメリカ、カナダ                
     =月60,000バーツ
  ・EU諸国、オーストラリア                
     =月50,000バーツ
  ・韓国、台湾、香港、英国、シンガポール、マレーシア
     =月45,000バーツ 
  ・インド、中近東諸国、中国、インドネシア、フィリピン
      =月35,000バーツ
  ・ミヤンマ、ラオス、ベトナム、カンボジア、アフリカ諸国
     =月25,000バーツ
  ・その他諸国  
     =月20,000バーツ

 2)タイ国籍または永住者を扶養する外国人は、その預金口座
  に40万バーツ(120万円)以上の預金を有しているか、月4万
  バーツ以上の所得があること。

  また、外国籍の扶養者を有するその預金口座に40万バーツ
 (120万円)以上の預金を有しているか、月4万バーツ以上の
 所得があること。

 今回はここまで。 

 いらっしゃいませタイランド



戻る