タイの文化(身近なワールドカップと厩舎)のお話
 
http://www.kohbyo.co.jp/        2015年7月吉日 
【ちょっと車窓から】
 7月に入りタイも果物の季節は一段落、これからはスイカと
 パイナップル。 と言うことで荷台に積まれたドリアンとランブー
 タンの量も凄く減っている。。。



【ちょっとコーヒーブレイク】 
 女子サッカーのワールドカップで湧いた日本ですが、Sさんに
 とってもっと身近なワールドカップのお話。

 何とギル教授(仮称)の息子さんが、8月7-8日にスペインで
 開催させるカヌー・スラロームのワールドカップに出場される
 そうです(*^_^*)

 ガンバレ!ニッポン!!!(*^_^*)



 息子さんは試合後も8月末まで現地で合宿するそうで、それ
 に合わせてギル夫妻もヨーロッパ旅行を目論んでいるそうな
 (*^_^*)、良いご子息を持って羨ましいな(^O^)

 もう一つのワールドカップ、頑張れニッポン!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 日曜日の朝〜やる気満々で乗馬場に行ったら馬が居なか
 った・・・予約して置いたのに。。。
 と言うことで普段行かない裏山の第2厩舎へ行ってきました。

 第1厩舎は軍内施設で、一般の人も入れますが、第2厩舎
 は歩哨もいるゲートの中なので、入れません。



 第2厩舎の方が第1厩舎よりも1.5倍大きい。 





 昔〜よく乗せて戴いたヨーセン君50番が居たので人参を(^o^)





 馬面〜(^O^)
 ピンぼけ写真でm(_ _)m ニンジンもっとくれ〜とせがまれました。



 第2厩舎なら教官と空き馬が居るかと目論んで行きましたが、
 教官が居ないので15分ほどエサのニンジンあげて、朝自転車
 の続編へ。

【S毛の家族】
 ピンクトンネル買いました。





 グラフィー♀とオレンジ♂



 30センチのシッポを不慮の落とし短尾となったユキ♂とモチ
 だいたい5ヶ月。





 すっかりクリーム色になってきたシロ♂、下はグラウィー♀





 グラウィそっくりのクッション(*^_^*) 目モデルは長女氏君。

 「我が輩は猫である、名前はまだ無い、どこで生まれたかはと
 んと見当がつかぬ」

 1万円札の夏目漱石さんの処女作、「我が輩は猫である」 
 の書き出しは有名です。

 この猫、原作ではブチ猫になってますが、実際に漱石家に居付
 き飼われた迷い猫は、黒猫だったそうです、そして爪まで黒い
 猫だったそうな、全身黒の猫は福を家に招くそうです(*^_^*)。 

【ちょっと社窓から】
 何か変と思ったら、ミドリ十字のセンターがずれていた。。。
 安全には気を付けましょうね





 日本へ行っている研修生がお誕生日に(*^_^*)



 いらっしゃいませタイランド 

戻る