タイの名所(世界遺産アユッタヤー)のお話  
  
http://www.kohbyo.co.jp/        2015年7月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】 
 S家から世界遺産アユッタヤ県までは車で3時間弱、東京の
 市役所で福祉の仕事をしていた叔母、リタイヤ後2回目の来
 タイ、目的は無償で頑張るチョンブリ県自閉症保護者の会セ
 ンターのボランティアのため、18日間来タイ、温かい気持ち
 にm(_ _)m。

 日曜日はセンターお休みなので、アユッタヤへ行きましょうと
 なりました。



 ハイここがアユタヤの入口、国道のロータリーに仏舎利が建っ
 てます。



 そして装飾街灯(*^_^*)





 ハト好きのお釈迦様、肩に2匹乗っているのが解りますか。





 菩提樹に埋まったお釈迦様の頭部。 400年ほど前にビルマ軍
 に侵攻された時に仏像の首が切られたそうです。















 ワット・プラマハタートからでした。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 アユッタヤーでは、かなり古いタイプのトゥクトゥクを見ることが
 出来ます。 簡単な見分け方は、扉の開け方が逆です、ドアノブ
 の位置で解ります。



 丸目の方が角目より古いタイプと思われます。 このミセットパイプのトゥクトゥク
 の起源は二次大戦の戦後補償で日本からタイへ無償で贈られたミゼットを荷台を
 改造してタクシーになったそうな。





 そしてこちらは最新型、扉の開け方、ドアミラーの一が異なります。



 開いた扉が解りますか(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】


 装飾街灯とシャモの装飾道標、シャモはシャムが訛ったもの。





 この仏塔=ジェディーは奥の黄色の方は傾いているので有名
 です。













 傾いた仏塔ですが登ることが出来ます。





 仏像には金箔を貼ってお祈りします。









 ワット・チャイヤイ・モンコンから

 お釈迦様の足の裏は扁平足なのは、一歩一歩分け隔て無く仏
 愛を教えるため。
 今年は仏歴2588年なのでお釈迦様の方がキリストさんより
 500年ほど年長です。




 いらっしゃいませタイランド 

戻る