タイの文化(おまわりさん)のお話 
                  2004年4月吉日
 
【タイのおまわりさんは勤勉です】
 
 おまわりさん=タイ語で(タムルワット)と、言います。
 「おまわりさん」と呼びたい時には、通常「クン・タムルワット」と呼び
 ます。 この時の「クン」は継承で○○さんと言う意味でございます。

 タイのおまわりさんは、とても勤勉です。タイのおまわりさんの機構
 は日本とほぼ同じです。日本と一番違うことは、国家公務員と地方
 公務員という制度がないために一律公務員だと言うこと。

 おまわりさんも大変です、上から現金徴収のノルマがかせられてい
 るのです。
 一般的には:交通違反、もちろん違反切符(通常500バーツ=
 1500円)も切ってくれますが、○○でお目こぼしをして下さるのこと
 もあるみたいです。
 
 Sさんその昔、タイのお偉い8938さんから(ゴルフ場の後ろの組の
 人で、話しかけたらタイの組関係のお偉方でした。。。)

 「警官はマ○ィヤ(タイでの一般呼称)より質(たち)が悪い、お金が
 ないのでガラも悪い」と、おっしゃっていたことを覚えております。

 当然、一般のおまわりさんが回収した現金は徴収、、、下っ派ほど
 額に汗して働くのは万国共通の様です。

 おまわりさんも、所長クラスからがらっと変わります、洗練されたお
 役人に変わるのです。Sさんは、その昔1回所長様から右折違反を
 チャラにしていただいた事がございます。

 と、言うことでタイのおまわりさんは、良い人もいれば、悪い人もいる
 と言うお話でした。
 「出掛ける(運転で)時は忘れずに(200バーツ)」のご紹介でした。

『ちょっとコーヒーブレイク』

 
 タイの警官の制服は、ボディコンです。。すっきりスリム型のおまわり
 さんはかっこいいですが、Sさんの様にポッチャリ系のおまわりさんに
 は不向きな制服です。

 色は茶色、ツーリストポリスは紺色の制服を着ております。1年中夏の
 気候のタイで、おまわりさんが着ている制服は長袖です。

 (日本の様に半袖はございません)暑さに負けずにおまわりさんもが
 んばっておられます。

 婦人警官さまもいらっしゃいますが、交通関連は男性しか取り扱って
 いない様に思われます。当然、ミニパトもございません。

 タイにいらっしゃった折りには、おまわりさんの制服にも目を凝らして
 ください。

 いらっしゃいませ、タイランド。 
 

     つづく。 

戻る