タイの文化(動物撮り)のお話         http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2015年3月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 3月はミーナーコンです。 Sさんにとっては自転車の
 強敵!南風の季節が始まりました。
 ソヨソヨ風でも漕いでも鯉でも進まない(ちょっと誤変換)



 Sさんのお休みの日課は、朝自転車を長男氏君に10キロ
 付き合って戴き、そのまま独りで15キロを全速力で走るの
 です(遅いけど)、 この日10キロをちょっと超えた地点で
 ロードがマウンテンを引っ張って走る二人組にサクッと追い
 越されました。





 このコウノトリ系は動物園の近くで撮影。



 少しはついて行けるかと踏んでみて(^O^)前のマウンテン
 は7速で走っている事をペダルの回転数から理解しまし
 た。 同じスピードをSさんはトップの8速で走ってました
 が追走出来ない・・・・試しにと同じく1速落として回して
 みる以外と(*^_^*)行ける、、、ちぎられそうに成りつつ
 50m〜70m〜100m後方を23キロ地点まで付いて
 行く事ができ(^O^)、 久しぶりの充実感を味あえました
 (*^_^*)。お別れは、お二人は左へSさんは檄坂の右へ(^O^)



 トップスピードでも1速落としても回してさえいれば速度も
 落ちずに以外に行けるものだと初体験の1日でした。。
 肺は大丈夫でしたが太ももがチト痛だるい(^_^;)。





 おおっ!! プテラノドン(*^_^*)だぁ

 目の前にちょっとだけ速い人が居て引いてもらうと普段
 以上の実力値が出せるのは自転車もモトクロも同じ
 (*^_^*)やはり目標がある方が速く走れる。 背伸びしても
 微妙に届かない感じ久しぶりに体験できたなぁと。



 じゃぁ毎回探せば良いのですが、そこが一期一会、、中々
 上手く合う人も来ない、、。

 Sさんの自転車君、6年と2ヶ月で12000キロ走行中、
 だいぶガタがきていて、キコキコONを発生させながら走行
 中、クランクのベアリングは交換しているのですが異音は
 止まらないので、このまま乗っっていくか(-_-;)買い換えの
 時期に来ているのかもしれません。 でもたぶん修理で(^_^;)



 ロードは速い、たぶんギヤ2速以上の差があると思います。
 悔しいが全く付いても行けません。 セーブして走るロード
 にも付いて行くのがやっと、自転車=タイヤの抵抗値と
 ギヤ差ですね。

 でも最近同じ湖畔ルートをファットタイヤ自転車で走る人
 がチラホラ出てきているので凄い思う。 あの檄坂登れ
 て居るのだろうなぁ。



 あごヒゲ(^-^)カモ

 ファットタイヤ自転車は、アメリカの北部?ヨーロッパの
 北国?で雪道や凍った道を走るために開発された自転
 車で、マウンテンバイクの倍以上あるタイヤの接地力で
 走らせる自転車、空気圧も低めなので、独特の浮遊感を
 味わえる自転車だと。 しかし欠点としてグリップ力が高
 いので接地面の抵抗も高くスピードを上げることが難しい
 自転車、しかし目立ち度は(^O^) セカンドバイクなので
 まだまだ少数派。



 このカメラ目線のオラ親子は今回(*^_^*)気に入っている
 写真です。距離は約30メートル。











【ちょっとコーヒーブレイク】
 お休みの日のS家のイベント、乗馬、自転車、動物園。
 最近乗馬場が滅茶混んでいて待ち時間が長〜く長男氏
 君が行きたくないとの事で、今回の休日は自転車+動
 物園でした。



 たぶん誰も撮らないと思う象さんの鼻の穴(*^_^*)、乗馬の
 ために買っておいた人参を(^-^)

 動物園の帰り道・・・シラチャー駅を通ったら黄色い新車両
 が中国語の看板付いて停車してました、
 後日新聞で中国から新車両2両の寄贈があったと記事を
 目にした。写真・・・間に合わず一期一会(*^_^*)





 今回初めて撮ったオランウータン母子。







 右手の友情出演は長男氏君



 先日NHKでタイには日本大使公邸向けの料理人研修制
 度や学校があると、要はタイ人の方が人件費が安いこと
 と人気のない国は日本人調理人が行きたがらないので苦
 肉の策から出来て来た制度だと思います。



 タイは日本料理屋が多いたぶんバンコクの日本料理屋や
 居酒屋件数は世界で一番の店舗密集率になるのでは無
 いでしょうか。 まぁ日本のフランスレストランではフランス
 人だけが料理人している訳でもなく、グローバル化ですね。
 頑張れタイ人料理人!





 雄のオランウータン、距離は40M





 ご存じでしたか?オランウータンの股関節は繋がってない
 と、、要は脱臼している様な見たいなもの
 なので大きく開脚出来るそうです。 ちなみに握力は500
 キロ(*^_^*)と人の10倍です。

 単位キロなので500キロ=小さめの牛か馬が体の上に
 乗ったのと同じ状況なので即ギブです。
 成人男子が7-8人が体の上に乗るとどうなるのでしょう
 か(?_?)=危険(>_<) それが手の平サイズでの加重とな
 るなら(-_-)(-_-)m(_ _)mなおさら(>_<) 







 係員に聞いたらこのオランウータン君は5歳児ですと(*^_^*)。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさん左手の中指を突き指しました、、かばっている内に
 親指の付け根も月指(ちょっと誤変換)になりました、、
 50過ぎると怪我の治りが遅〜い。。。何ヶ月経っても治ら
 ない。

 と言っている先から左足くるぶしを昨日捻挫しました(-_-;)
 (>_<) 翌朝何気なく靴下履こうとしてズキン(>_<)
 タイには湿布薬と言うのが無いので、ヨコヨコを塗りました。
 人も馬も重い体重を細い足首で支えて居るのだと久しぶり
 に体感中・・・・捻挫なんて数十年ぶり(^O^)

 今日の格言「最近の自慢は怪我の治りが遅くなった事
 (^-^)」



 初めて駝鳥の足の裏を見ました「扁平足」ですね(^-^)、
 ちなみにダチョウって目玉の方が脳みそより大きいそうな。 


 
 キリンの首、その距離約50メートル



 動物園で耕耘機?多目的エンジンのトラック

【通勤途上の車窓から】


 ほぼ新車のサイドカーはショック付き、テールランプ無し。
 夜のサイドカーは結構危険で過去ぶつかりそうに成っ
 たこと数回あり(-_-;)



 街で見かけたマフラー屋さん



 日本で言うところの教習所・・屋内で法規、野外で実地で
 すが、受講する人は未だまだ少数派です。
 車は基本的に運転者が持ち込みで講習となります。
 もちろん教習所内のコースなんてのは無くいきなり路上
 運転ですが、だいたい親を乗せて既に練習してますので、
 教習所で初運転なんて方は

 いらっしゃいませんタイランド(^O^)。



 いらっしゃいませタイランド 

戻る