タイの文化(レンタルバイク)のお話  
     2004年4月00日
 
【レンタルバイクに乗ってみました】
 
 今回は、タイのレンタルバイクについてご紹介です。何故か日本
 にはレンタルバイクはありません。

 タイの有名な観光地ではどこでも(バンコクは無いと思います)
 レンタルバイクのサービスがあります。

 バンコクは渋滞と言う事情からレンタルバイクはありませんが、
 パタヤ、チェンマイ、プーケット、サムイ島等の観光地と言われる
 場所では、レンタルバイクが御座います。

 レンタルバイクの種類ですが、100ccのお買い物バイクから、
 1600ccのアメリカンまで種類的には、お買い物バイク、ヨーロ
 ピアン、ネイキッド、アメリカン、レーサーレプリカと、豊富です。

『お値段』
・150cc以下ののお買い物バイク:100バーツ(300円)/日
・400ccクラスのバイク :4−500バーツ(1200−1500円)/日
・400〜750ccのバイク:5−700バーツ(1200−2100円)/日
・750cc以上バイク   :4−900バーツ(1200−2700円)/日

 またバイクの程度によってや、借りる日数を長くすると値段は安く
 交渉できます。

『レンタルに必要な書類』
  1)パスポートのコピー:1枚
  2)契約書:サインするだけ。
  3)支払いは前払です。
  4)補償金、500〜1000バーツ、返却時に帰ってきます。

 ツーリング等の長距離なら、お勧めしませんが、のんびりと近場を
 回るなら便利な足になります。
 ちなみに、Sさんはホンダシャドー:600ccの2001年度式を、1日
 700バーツでレンタルしました。
  
 最後に、あまり年代の古いバイクは止めた方が無難かもしれません。

 

 Sさんが借りたホンダシャドー比較的新しめのバイクでした。  

 ちなみにSさんは、2日間借りて、2日目の朝にバンコク経由には
 カンチャナブリ県とまで足を伸ばし、1日で850キロ走って来まし
 たが、罰ゲーム的な要素が高すぎましたので、いくら信号の少ない
 タイとは言え1日600キロ以下のツーリング良いようです。  

 右の写真は、真ん中は友人のワルキューレ1500CC、右は弟氏
 のゼファー1100cc。
 

 いらっしゃいませタイランド



戻る