タイの観光名所(サムイ島)のお話(その2) 
  2004年4月00日

 

【Sさんサムイ島へ行って来ました】
 「暖かいけど寒い島」こんな冗談を言っているのは、本当に暑か
 ったから。S家一行が、サムイ島へ行った時期が3月上旬。

 しかしタイは、4−5月が真夏にあたり、日陰に居ると涼しいの
 ですが、日向は危ないほど高温になります。

 それでは、とっても暑いので、船に乗り島巡りツアーでございます。
 サムイ島を起点に、コ・ウワター・ラップ(牛が目をつぶって寝て
 いる島)とコ・メーコ(母島)の観光紹介です。

【コ・ウワター・ラップ(コ=島 、ウワター=牛の目、ラップ=眠っ
 ている)】
 牛が寝ている島ですが、外観的には大きすぎて牛が寝ている
 ようには見えない島までした。

 サムイ島の港から2階建て100名乗りの船で約1時間半の所
 にこの島はありました。島は、キャンプ場として開放されいます。

     

 島に行く船と、途中の島の風景です。釣り船と、タイ海軍の軍船
 (100mぐらい)です。
 
   

 牛眠島?へは小舟に乗り換えて上陸です。この浜辺の前で、
 シュノーケリングができます。

 

 コ・ウワター・ラップのプレートと、島を100mほど上から撮影
 した写真です。Sさんはこの写真を撮るために岩場の道を登り
2キロはやせました。汗だくです。。よーく見るとテントも見えます。

【コ・メー・コ(コ=島、メー=母親、コ=島)=母島】
 コ・コメー・コは、島の中腹がカルデラとなり、とても美しい湖持
 っている島です。

 

 島の周りでカヌーをする人もありました。  右は島の看板、
 メーコ・アイランドとしている。

 

 島の湖までは階段をかけた崖を上っていきます。エメラルド
 色の美しい湖でした。

 
 
 それでは、皆様きょうはここまで。


 いらっしゃいませタイランド
 

戻る