タイの文化(夜の部)のお話   2004年4月吉日

 

【Sさんパタヤと、パッポンに行って来ました】
 
 
Sさん所用で、パタヤとパッポンに行って来ました。

 

 この写真は、パタヤで撮影したものです。

【まずはパタヤから】
 パタヤは、BKKから約150キロの地点にあり、Sさんが住んで
 いるシラチャー市からは、車で約2−30分の所に御座います。
 
 パタヤは海岸線約4キロに位置する小さな町ですが、そこで落
 とされる観光客お金は相当な物になると思われます。今年から
 政府が営業を夜12:00迄と規定した事は有名なお話ですが、
 『パタヤとプーケット』に関しては例外となっております。

 パタヤの呼び物は、海、オカマショー、シューティングレンジ
 (鉄砲が撃てます)、それとカウンターバー等の飲み屋になります。
 追加して言いますとパタヤは西洋人向けの観光地のため、日本
 人はあまり見かけません、歩いているのは、大きな体の西洋人
 の男の人と女の人で、たまに西洋人の男性とタイ人男性が手を
 つないで歩いているのを見かけます。

 元々はベトナム戦争時のアメリカ軍向けの保養地として発展して
 きたと言われています。
 やっぱり世の中は広い、Sさんの常識では計れない世界があるこ
 とを知りました。

【続いてパッポン】
 バンコクのシーロム通りとスリウォン通りの100m弱の間に、
 パッポン通りとタニヤ通りがございます。

 ・パッポン通りは、パタヤの一部分を切り取った様な道で、西洋
  人向け。
 ・タニヤ通りは、日本人向けの日本料理屋、居酒屋、カラオケが
  軒を連ねる道です。ゴルフ用品ビルのタニヤタワーが有名です。

 両方とも長さは100m弱、Sさんが行った日には、出店が立つ日
 で、パッポン取りの真ん中には組み立て式屋台のおみやげ屋さ
 んがびっしり、売っている物は、コピー商品(バッグ、時計)
 タイのおみやげ、音楽CD。。イメージ的には香港のおみやげ街
 と同じ様な雰囲気です。屋台のある道は、体を斜めにして歩く必
 要が御座います。
 
 久しぶりにこのパッポンを訪れたSさんでしが、下水道設備が悪い
 のか、結構ドブ臭さを感じました。やっぱりこれがタイの活力の一
 環か?変に感心するSさんであった。

 表題から、少し期待した方も合ったかもしれませんが、これでSさ
 んの見るだけタイのナイトツアーを終わります。


 いらっしゃいませタイランド。


戻る