タイの文化(旧車と乗馬場)のお話      http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2014年9月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 不定期に覗いている旧車のレストア販売店、車が売れ入れ
 変わっているので行くのが楽しみ。





 この店の凄いところは、ナンバープレート付きと言うことで、
 乗って蛙ことが(ちょっと誤変換)できるんです。



 この時代のアメ車のデザインは秀逸ですネ。 マスタングが
 リニューアルして売れた理由もよく解ります。





 たぶん乗り辛さはあっても所有感は120%(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 とある日曜日の朝、長男氏君、長女氏君との家族乗馬と相
 成った。娘は1年ぶりぐらいであろうか。 



 乗っている馬はヨーセーン君50番



 初心者の乗り方は、足台を使って乗馬します、この時に手綱
 と鬣(たてがみ)をつかむと馬も大人しく乗りやすい。 

 娘は中級者なので本来は台は使わせてもらえないはずだけど
 〜兵隊さんは女性に優しいのです。
 ちなみに長女氏君の身長は168センチ也と背の高い方です。



 鞍に乗ったら鞍帯(ベルト)をきつく締め直します、体重が乗る
 ことで緩みが出るのです、これを締めずにギャロップすると鞍
 がずれ落馬もあります。



 馬の耳カメラから(*^_^*) 背中にはアルマジロプロテクター。







 馬の背=鞍までは、成人男子の肩から耳の高さ=ヒラリ〜と
 は乗れません。
 日本の時代劇に馬に乗る乗馬シーンが無いのはこれが理由。
 2m近い西洋人か胸にヒザが付く柔らかい方ならさっと乗れる
 と思いますがぁ、ちなみにSさんは550キロクラスの馬なので
 よじ登っています。(^O^)



 私には付かない教官も、、、、付きっきりに。。。

 観察力の良い方は途中で馬が変わっているとお気づきかも
 (*^_^*)、鼻から白線が消えました(*^_^*)、ヨーセン君はこの
 日ご機嫌斜めだったので、途中から長男氏君が乗っていた
 ラッサンデー君へ交換したのでありました。 中級者クラスま
 では馬でかなり乗り方が左右するので途中交換は意外とあ
 るのです。









 Sさん乗っている☆ウイロン君KM49番ジャンプ系檄走馬です。


 
 手前の目に眼鏡の様なワラを付けているのは、ソーンウィセ
 ー君(茶色)偶に乗る時もありますが、鞍を付ける時に人を蹴
 る悪癖がありますがぁ良い競技用馬です。



 乗馬後はニンジンを(*^_^*)差し入れです。

【ちょっと乗馬雑学】
 目隠しは、臆病な馬や蠅を嫌う馬用です。







 オレンジ色の物体(*^_^*)何だか知ってますか?
 答え 「塩です」

 軍の乗馬場: メンバー外=1時間200バーツ(約610円)、
 メンバーは年会費3000バーツ(約9300円)で1時間150
 バーツ(約460円)会員は10回乗ると1回無料になります。

 ちょっと馬雑学
 馬は野菜が好きです、甘い果物も、バナナ、リンゴ、オレンジ
 が好きな馬もいます。角砂糖も好きです、ちなみに人参が好
 きなのは糖度があり甘い野菜だから、でもウサギの様に土を
 掘り返して食べることはないので、人に飼われる様に成ってか
 らの嗜好だと思われます。



 いらっしゃいませタイランド 


戻る