タイの観光スポット(サムイ島)のお話  

 2004年3月00日
 
【シャム湾の中の島:サムイ島】その1
 こんにちはSさんです。第125話に続き旅物です。
 Sさん家族は、Sさんが家族サービスに目覚めてから急に家族旅
 行が好きになった様で御座います。

 S家は2003年の年末にチャン島へ行ってからと、言うもの連休
 時は外へリゾートしようと言う雰囲気が流れております。

 前回の旅は、全てSさんがホテルの手配等をしたのですが、今回
 Sさんは全てを最愛の奥様へ任せたのでした。。。これが間違い
 の種をまく?良い経験になったことは言うまでも御座いません。 
 S家では全てが前向きにとらえて居るため、お腹も前へ前へ前進?
 出っ張って?いくのです。

 話が少しわき道にそれましたので、戻します。お話は、タイ国内飛
 行場から。

 Sさんチケットカウンターへ行き、家族4名分のチケットを受領。???

 Sさん「何でスラタニ行きなの?」
 奥様 「サムイ島はサラタニ県でしょ」
 Sさん「あぁ、そうなの」

 実はサムイ島には飛行場があるのですが、奥様ツアー会社には
 められて、スラタニ経由のツアーを買わされたのでした。。。。

 奥様はサムイ島に飛行場があることをご存じなかったの
 です。それは、サムイ島ではなく当初ピピ島へ行く予定だったから。。。



 サムイ島の滝、落差は約20Mほど。手前左の人で縮尺チェックできます。

【話を1ヶ月前へ前に戻します】

 Sさんの家では「3月の3連休に急にピピ島へ行こう(*^_^*)」と言うこと
 に話が盛り上がりました。
 そこで、年末の経験を生かしてSさんが「チケットとホテル予約しましょ
 うか」と、奥様へ提案すると、奥様「自分で手配して見たい」と仰いました
 ので、全てをお任せすることになりました。

 当初は、プーケット経由ピピ島ツアー3日間の旅を予定したのですが、
 結局チケット手配がうまく行かず、結局サムイ島ツアーとなった次第で御
 座いました。それもツアー会社から連絡が来たのが、出発3日前、Sさん
 も奥様もどんなツアーになるのか良く分からないまま飛行場へ向かった
 のでした。

 Sさん「どんなツアーなの?
 奥様「領収書にFULL PACKAGEって書いてあるから全部見てくると思う?」
 少々不安に思ったSさんは、「現地でガイドの連絡とか付いてるの」
 奥様「電話番号は確認して知っているのだけど、ガイド名を聞いていない。。。」
 Sさん「ツアー詳細って無いの?」
 奥様「ツアー取ることで頭一杯で。。。。確認しなかったの。。。m(_ _)m」
 そしてバンコク国内空港からツアー会社へ電話をかけることとなったのです。

【通常のバンコク−サムイ島の行き方】

 『1:通常の行き方3−4時間』
  *シラチャー発でも3−4時間、バンコク起点で2時間   
  ・シラチャーから→バンコク国内空港(車で1.5時間)→飛行機で1時間
  でサムイ島へ到着
   →ホテルへはそこから30分。(本来なら待ち合わせを入れても4時間)

 『2:S家のサムイ島までの道のり=9時間強』
  ・シラチャーから→バンコク国内空港(車で1.5時間)→飛行機でスラタニ
 空港へ(1時間)→スラタニ港へ(車で約1時間)→フェリーで(1時間半)→
 そこから車で30分でホテル。*空港とフェリーの待ち合わせ時間を入れると、
 約9時間強の旅となりました。

 なんと2倍以上の時間をかけてサムイ島へ到着したS家であった。
 それでも良かったことは、空港→フェリー→ホテルまで、車の移動を含めて
 本当にフルパッケージであった、運転手付きの車で送迎。。これは楽チン
 であった。

 どんな些細な幸せも見逃さないことが、S家の強みかもしれません。

 

 スラタニ空港です。 サムイ島向けのエアコンフェリー(日本の中古船)

 

 ミイラ生き仏を安置しているお寺

 
 これがサムイ島名物「ヒン・ター(おじいさん岩)とヒン・ヤーイ
 (おばあさん岩)説明は省きます、見て感じたままの岩です。

 

  サムイ島で一番大きなお寺、おみくじの自動販売機もありました。

 

  S家が泊まったコテージ。
 
 
 サムイ島の港 


いらっしゃいませタイランド
                              

戻る