タイの文化(運動療法初体験)のお話          http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2014年6吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 弊社のオーナーがチョンブリ県自閉症保護者の会センター
 を訪問して来ました。(*^_^*)



 最初は、ジーッッッと見るだけ〜



 そして・・・・オズオズ近づき。。。



 でもなぁ・・・と引き返し



 やっぱり来たからには!と、参加です(*^_^*)





 そして〜自らも運動機能療法を初体験(^O^)好奇心(^O^)が
 勝りました。







 運動前は柔軟体操から、先天性の障害児は、体が上手く使
 えない子が多いのです。





 多くの子に発達障害もあり、簡単に見える運動も意外と難し
 い様ですが、子供達はゲーム感覚で楽しんでおります。 
 一番年下4歳児、上は25歳。





 ハードル潜りの運動療法、発達障害のサポートです。



 児童達とも仲良くなれました(^o^)



 体の大きい子も小さい子も(*^_^*)



 みんなで集合写真(*^_^*)





 現在センター登録児童は4歳から25歳までの60名、でも毎
 日通ってこれる児童は家庭の事情等もあり20名前後。
 障害児が理由で旦那さんが逃げてしまい、シングルマザー家
 庭も多く、生活の糧のため、、お仕事優先。 家事もあり子供
 を預けてお仕事に、家事に生活のために。

 センター方針で、比較的経済的に問題を抱えている家庭で、
 自閉症児や発達障害を持つ児童を優先にし、私立ですが無償
 として、サービスしております。
 現在設立後3年と2ヶ月経過中、設立経緯は第1241話をご
 参照下さい。
 
 その代わりに保護者も運営活動と組織に携わって戴いており、
 毎日6名ほどの保護者がボランティア先生となり活動中。 
 頑張るセンター応援してます。



 いらっしゃいませタイランド
 
戻る