タイの文化(最近の新聞記事:のスチュワーデスさん)のお話 
  2004年3月00日
【タイ政府の珍対応のお話】
 タイの首相は、色々と目新しい政策を次々と実行してして行く政治
 家として最近とみに有名になる傾向が御座います。

  第1位:覚醒剤の取り締まり
  第2位:DVD違法コピー販売
  第3位:農村部出身のスチュワーデス、機長を奨励
  第4位:風俗店の営業時間を夜12まで

 と、変わった?目に付きやすい政策を進行させています。
 特に、ここ数ヶ月間で、薬物関連の問題は急速に改善されたと聞こ
 えてきます。

 それでは、今回はこのSさんが勝手に選んだ「第3位の農村部出身
 のスチュワーデスと機長を奨励」をご紹介申し上げます。

 

 地方農村部出身からの民間航空機の機長やスチュワーデス(さん、
 とSさんは呼びたい)を育成する「商業訓練航空訓練所」が動き始
 めました。
 既に200名以上の応募者があり、公募期間も2004年3月末で延
 長されたとのこと。

 このプロジェクトは、タクシン首相が、貧困者救済プログラムで、28
 歳以下の若者で家庭事情で就労の機会が少ない人が対象に成って
 いるとのことです。

 このプロジェクトとには、タイ航空、バンコクエアウエイズ、タイ・エア
 アジア、オリエント・タイ社などが協賛しております。

 スチュワーデスさんの訓練機関は約3ヶ月:7万バーツ(約21万円)
 は国は負担する。
 対象者は外見よりも、家庭事情を優先するとのことで(Sさんは容姿
 も重要と思うのだが)すので、、、、。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 さて、この「商業訓練航空訓練所」の実質的オーナーは首相とのことで、
 やっぱりお金持ちの人気取り?税金の自己還元?とも。。。
 やっぱりタイという国は、お金の有る方は何でも出来るという事を実
 感できるお国柄です。

 それにしても、機長にはいくらぐらいお金が掛かるのだろう??税金
 の無駄遣いの様な、首相の訓練所に税金がたっぷりつぎ込まれる組
 織のようです。

 今年になってバンコクポストの編集長が、批判を理由に更迭された事
 件が起こりましたが、これもこの国ならではのお話かもしれません。


 いらっしゃいませタイランド


戻る