世界の名所(洋行さんのベトナム旅行記)のお話     http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2014年2吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 毎年1月第2週の土曜日は、タイではワン・デックと言って
 「子供の日」です。

 今年は1月11日でした、 この日、子供の日のイベントにチョ
 ンブリ県自閉症保護者の会センターが製作品の販売ブース
 ーを出店した写真の投稿がございましたので、さっそくご紹
 介です。



 タイにもあるゾ!ゆるキャラ(*^_^*)





 センターは私立ですが、無償サービスを方針に活動している
 ので、センター児童や保護者による製作品の販売は、貴重な
 収入源の一つになって居るそうです。
 収益の一部は、保護者と児童にも還付されます。

 

 頑張ってるお母さん達にエールです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 「Sさん、ご無沙汰です。 年末に台湾とベトナムを旅してき
 ました。」 「旅行記も(*^_^*)」 

 と、洋行さん(仮称)よりご投稿がございましたので、早速ご
 紹介です。

 2014年12月:台湾−ベトナム11間の旅

 台湾往復の運賃に5千円を上乗せすればベトナムまで足を
 延ばすことができるという航空券をチャイナエアーで発売し
 ていた。もちろん台湾で降りて観光することも可能だ。日程を
 どうするか迷うところだが、今回は半々で分けてみることにし
 た。

 台湾では高雄と花蓮でのんびりとサイクリングを楽しみ、ベト
 ナムではハロン湾のカットバ島で脱力して読書でもしてみたい。
 いずれもすでに訪ねたことのある土地なので 緊張すること
 もなく過ごすことができるだろう。

 啄木の一握の砂の一節
 「何となく 汽車に乗りたく思いしのみ、汽車を降りしに行くと
 ころなし」彼が、さしずめ現代に生きていれば汽車でなくジ
 ェットとなるのだろう。 

 の続きから(*^_^*)後半のベトナム編を一気にご紹介です。
 (*^_^*)

 12月16日       六日目  in 台湾−ベトナム
 今日は台湾を出国してベトナムに移動する日だ。フライトは
 早く8時25分のため約2時間前には空港についていなけ
 ればならない。空港まではバスで小一時間かかる。 
 ホテルを5時少しすぎに出た。
 
 今日は雨があがり 外はまだ暗いが曇っているようだ。
 リムジンバスのターミナルは早朝であるにもかかわらず、
 空港行きは6−7割の座席が埋まっていた。
 
 台北空港はターミナルが第一、第二とあり 離れたターミナ
 ル間を結ぶ電車が運行されているらしい。 帰国時はこの
 ターミナル間を移動しなければならないので地理の下調べ
 をしておかなくてはならない。

 ハノイまでは2時間半のフライトで意外と近い。中華航空の
 1時間程前にもベトナム航空ハノイ行きがあり、朝に2便
 ある。機内食を食べて少し休んでいると ほどなくハノイ
 空港に向けて下降していた。

 天気はどんよりとした雨模様だ。ハノイ空港もLCCなどが
 就航して、手狭になったのか隣接する空き地に新しい
 ターミナルビルを建設工事中だった。 入国審査は昔と比
 べると、スムーズになってきたが、手荷物の荷捌きにかな
 りの時間がかかり手荷物を受け取るまでに3−40分位待
 たされた。

 ようやく外に出てミニバス乗り場に向かう。 バスは発車
 時刻はなく客が満杯になるまで詰め込んでから出発する
 という 運転手側に都合のいい方式をとっている。

 急ぐならタクシーに乗れと言わんばかり。そのタクシが時
 としてぼったくるケースがよくあるそうで、時間がかかり遠回
 りになるが、いつもミニバスを愛用している。
 ちなみにバスは180円タクシーは1400円程度。

  バスは途中2−3か所で人を降ろしながら終点の市街地
 までは約1時間弱かかって、ホアンキエム湖の南はずれ
 に到着した。そこからタクシーでバスセンターに移動。
 今日は雨もふっているので一気にハイフォンに向かいたい。

 少し歩いてから信頼できるマイリンタクシーが来るまで待つ。
 うさんくさいタクシーに乗るとメーターが改造してあり瞬く
 間に値段が上がるようになっているので油断できない。

 バスターミナルに到着しハイフォン行のバスを探していると、
 はるか前に「ハイフォン行」がいると教えてくれた。100メ
 トルほどあるが、バスは客を探しながらゆっくり流している
 ので手を振ると待ってくれた。 こういう場合はなかなか
 便利だ。

 バスはハイフォンまでの100キロの道を2時間2−30分
 で結び20分間隔で数社が運行している。最近は交通量
 が増加したのか あるいは取締りが厳しくなったのか
 猛スピードで飛ばすこともなく所要時間が伸びる傾向にある。

 ハノイとハイフォン間は主要幹線であるため 早急な高速
 道路網の建設と高速鉄道の新設が必要だ。 ハイフォン
 の定宿に着いたのは15時半になっていた。

 今日の部屋は静かな中庭に面した部屋で 机も備わり、
 4人が会議できる応接もある一人旅には、すこしく不似合
 いな広い部屋だった。

 先ずはベトナムの通貨に両替をしてから 日本食を食べ
 に”千恵”に入った。5時過ぎの店は開いたばかりで、店
 員が寒い中をバイクで出勤してきて、手を震わせていた。

 ビール、鍋焼きうどん、おにぎり、漬物、味噌汁それにデザ
 ート、すいかを食べた

費用  台湾ドル、V.DON 日本円
リムジンバス 125 438
ハノイ空港バス 40,000 180
ハノイタクシー 32,000 144
ハイフォンバス 70,000 315
夕食 180,000 810
    合 計 1,887

 ATMでVDN 2,000,000 約1万円引出
 両替:1万円=VDN 2,040,000=9,854円

 12月17日  七日目   in ベトナム
 昨夜は夕食を早めに食べてホテルにもどり横になると 疲
 れていたのか、すぐに眠った。今回の旅はそれ程 スケジ
 ュールはハードではないので、雨で外出ができないときは、
 ゆっくりと昼寝をしたりしてリラックスできた。

 朝6時前に起床。 近くの広い公園で体操をするグループ
 がたくさんいる。その中の一つに 約10年前から出張に来
 るたびに、いつも参加して一緒に竹棒をもって音楽に合わ
 せストレッチ体操をしていた。その人達に再会するのを楽し
 みにしている。

 少し空が明るくなってきた6時半すぎに公園に向かう。
 はたして顔見知りの3人が話をしていた。   人数が少な
 いので、もう体操を終えたあとなのだろうかと一瞬思った。

 「三人しかいないの?」 とジェスチャーで聞くと
 「みんな歳だし、寒いから家にいるんだよ」 と目が言って
 いるような気がした。

 この10年間 お互いに歳を重ねている。以前、名前は知
 らないが、ストレッチを真似ていると、もっと手を伸ばし
 げるんだと教えてくれた老人 お元気だろうか

 その後 歩道上で火をいこしフォーを売っているところで
 フォーを食べ身体を温めた。

 

 昼飯 空芯菜のにんにく炒め、ソーセージ 

 そしてまた別の店でも フランスパンに目玉焼きを入れた
 ものも食べる。そしてさらに仕上げとして喫茶店に入りパン
 とマンゴジュースを飲んで満腹。

 露店の散髪屋が軒をつらねている一角があり、簡単なテン
 トとふるぼけた椅子それに鏡と商売道具。衛生的とは言い
 難いが、髭剃りの刃は目の前で新しいものに取り換えてく
 れる。  そのうちの一軒(椅子)が空いていたので、散髪をし
 てもらった。

 なにも注文は言わないが
 適当にみじかく刈り上げてくれた。最後は鏡をもってきて 
 了解をとる。     しめて230円。

 「シンカムオン(ありがとう)」 というと 理髪師 握手を求
 めてきた。

 その後 喫茶店で紅茶を注文。 「リプトン」といえばわかる。
 そろそろ昼になるので昼食の時間だ。 朝から休みなく食べ
 ているので、それ程腹は空いていないが、一応 当地での
 お気に入りである空芯菜炒め、生ビール、ソーセージを注文
 した。

 メニューを見て苦戦していたら、日本語の表記があるものを
 持ってきてくれた。  英語と中国語の併記はよく見受けるが 
 日本語のメニューは驚きだ。

 その後バスに乗って、 ドーソンの海辺を散策して帰った。

 今日の夕食は地元の人に人気のある バーベキュー屋に行
 ってみることにした。小さな小皿に鶏肉とか牛肉とか臓物な
 どをもってあり、その中から適当にえらんで小皿をとりカセッ
 トボンベのガスで焼く。他に漬物とかピーナツとかハーブ野菜
 類などはテーブルの上に並べてくれる。

 地元の人は、食卓を数名で囲んで自分で焼きながら食べる
 のだが見慣れぬガイジンが一人 ということで 女性店員が
 焼いてくれて皿に入れてくれるサービスだった。少し肉を焼
 きすぎてやや硬いのだが我慢して全てたいらげた。

 今日は食べてばかりの一日だった。

費用  ベトナムドン 日本円
フォー、パン 40,000 180
マンゴージュース 100,000 450
散髪 50,000 225
紅茶 15,000 68
ビール空芯菜 80,000 360
マッサージ 250,000 1,125
夕食バーベキュー 180,000 810
バス 36,000 162
  合 計 3,380

 両替       1万円=2,045,000 
  NTD600     = 360,000

 12月18日       八日目 in ベトナム
 数年前にふとしたきっかけで、ハイフォンから船で約2.5時
 間のカットバ島に渡ったことがある。島の周囲は断崖の岩が
 続き どこに人が住んでいるのだろうかと思うような風景
 だった。船は波にゆれながら 湾になった島の玄関に到着した。

 まだハイフォンから高速艇が朝1便 普通船が午後1便しかな
 い不便なアクセスだった。

 船が着く波止場から左右に広がった湾の近くには たくさんの
 小さなホテルが林立している。その中の比較的新しい高層ホ
 テルの8階の海側は正面に海横の窓にはホテル街と山並み
 が見渡せて 絶好の部屋であった。

 

 この時の感動は今でも忘れがたく機会あるごとに同じホテル
 の海側を指定して泊まっている。 あいにく今年の6月は夏
 休みのシーズンまっただ中で泊まることはできなかったが、
 今日は観光客も少なく 我が希望する部屋に空きがあった。
 
 しかも値切ると$60が$40になった。

 日本人の団体はハロン湾観光をするのに島の反対側を見て
 すぐに帰るというルートのためこの港町にはやってこない。

 ホテルの机、物置、床を木製にしており、築数年たつと 傷
 みが目立ちはじめトランクを置く木製の棚はすでに 取り払
 われていた。それでも部屋からみる外海、山の緑は疲れた
 体を癒してくれるに充分の環境だ。この部屋で丸一日 何も
 することなく景色を眺めて過ごすのが この上ない贅沢だと思う。 

 このホテルに来る途中に客引きがいて6階の海に面した部屋
 を10ドルでいかが。というので見せてもらったが、たしかに正
 面の景色はいいとしても両サイドの景観はすぐそばに隣のホ
 テルがひしめいているので 触手が動かなかった。



 夕食は鶏肉、ビール、アイスの3種、島内でもやや落ち着いた
 雰囲気の行きつけのレストラン(グリーンマンゴー)で

費用  ベトナムドン 日本円
ホテル2泊 1,400,000 6,300
朝食パン、紅茶、卵 35,000 158
地図 30,000 135
高速艇 200,000 900
昼 焼き飯 30,000 135
マンゴージュース 30,000 135
買い物 332,000 1,494
夕食 245,000 1,103
  合 計 10,360

 12月19日     九日目   in ベトナム
 丸一日 この島に滞在すると充分に堪能できた気がする。
 サイクリングを楽しむという手もあるのだが、この島の奥地は
 アップダウンがかなりあり 今回は見送ることにした。

 早朝、窓をあけると かなり肌寒い。地元の人はウォーキング
 をしたり体操をしている。
 まだ夜明け前の空には まんまるの月が残っている。 食事
 して、部屋でコーヒーを飲んで海をながめては、ゆっくりとした
 贅沢な時間を味わう。至福の時間。

 今日は10時のバスでハイフォンに出て日本食を千恵でたべ
 て、バスでハノイに行こうと思う。 45分でハイフォンに行く
 高速艇もあるのだが、船乗り場は干潮時には街外れまで歩
 かねばならないので、近くのバスを利用することにした。

 いそぐ旅でもないし、昼までにハイフォンにつけばいいのだ。

 最近はバスの本数も増えて以前と比べると かなり便利にな
 りしかも早くなった。半年前は、バスー船ーバスと2回乗り換
 えがあったのだが、今回は、バスー船の一回乗り換えでハイ
 フォンに着くようになった。バスは島の内陸間の移動手段とし
 ても利用されており車両も新しい。

 バスは始発の玄関を5,6名乗せて出発したが、途中から数
 人が乗車してきてにぎやかになった。 約40分ほど島の内
 陸から海岸線に向けて走ると 高速艇の乗り場に到着。

 ここでハイフォンから来た人とこれから向かう人がすれ違い 
 高速艇とバスがそれぞれ反対方向に進む。 待ち時間のな
 いよう組まれたダイヤだ。1枚の切符でバス、船をカバーし
 ているので便利。

 昼飯に日本食 ”千恵”に入る。店内はまだ客がいなく 暇を
 持て余していた。 先日寒い中バイクで出勤したタンさんと
 いう30歳の女性と少し話す。12歳の男の子がいて60前の
 両親と一緒に暮らしているという。 夫とは離婚した由。

 携帯に男の子の写真を出して見せてくれた自慢の息子なのだ。

 話す といってもジェスチャーとか単語帳をめくりながらの会話
 で結構時間がかかる。
 そのうちに鍋焼きセットが運ばれてきた。味付けは関西風で
 おいしい。 帰り際に頑張ってねという気持ちをこめてチップを
 渡した。カムオン(ありがとう)と言った。

 その後 バスでハノイに向かう。ハノイでの定宿には帰国前日
 の1泊のみ予約を入れていた。 今日は2日前なので、予約
 なしだが、オフシーズンなので何とかなると思っていたが、
 満室で、すぐ向かいのホテルに連絡をとり案内してくた。

 部屋に荷物をおいて 少し早いが いきつけの食堂にむかう。
 半年前にいた愛想のいいウェイトレスはいるだろうか?   

 ベトナム語でこんにちは(シンチャオ)と挨拶するとしばし
 ”間”があってから コンニチワ と日本語でいってくれた娘。
 頭の中にたくさんの国の挨拶の言葉がつまっていて、そこ
 から探し出して言ってくれた日本語の挨拶愛嬌があった。    

 タンさん、どうやら店内にその娘の姿
 
 はなかった。

 鴨 料理のオレンジ味 と焼きそばを注文する。 
 隣のテーブルに女性が一人、日本人に興味があるのかチラ
 チラと視線を感じた。

 「どこから来たの?」と私。
 「アメリカ から。 私の父が日本人で母が米国人なの」
 「一年かけて東南アジアを旅シテルノ」

 すでにインド、ネパール、カンボジア、タイ、ラオスの各国を旅
 してきたという。 

 サドシマ キョウコさん  

 インドでは右手の素手でカレーを食べ、トイレで用を足した
 後は左手で処理したという。 
 河で人を焼いているところではバーベキューの匂いがしたそう。

 ネパールでは標高の高い酸素の少ない山を、10日間もかけ
 トレッキングしたと ごく普通の道を歩いたかのように話した。
 それまで特にトレーニングをしたわけでもないというが、なか
 なかの根性をもったお嬢さん。

 ちょっとSさん体験記
 その昔20数年前にSさんもネパールに2週間ほど滞在した
 事がございますが、川幅10メートルない小川の沿岸で木を
 くみ上げた上に布で巻いた遺体を焼いて居たのを見たことが
 あります、 そしてそこから20メートルも離れていない場所で
 洗濯をする女性も。。。しばし時間が止まり、見入ってしまった。
 外国に出ると日本の常識は通じないと体感した物です
 お話戻ります。

*************************************** 

 しばし 彼女の前の席に移って、食事をしながら話を聞き入っ
 てしまった。十数名で運営している会社の社長だという。

 そして従業員はみんな 自分より年上だとも言っていた。
 年末はミャンマーに入り、パソコンも利用できない田舎を旅す
 る予定だとか。

 「恵まれた環境を十二分に活用し いい体験をしているね」と私。

 食事の後 ホアンキエム湖に散歩に誘った。一周3キロほど
 あり湖の周辺は緑も多く、憩いの場所だ。 バイクであふれて
 いる旧市街の狭い路地を渡って、安全に散歩できるオアシス
 を一周半しケーキセットのおいしい店に案内し、ごちそうした。

 旅談義 私のアフリカ、ナイジェリア生活、クェート生活、して
 ルーマニアの話も興味を持って聞いてくれた。思いがけない
 所で思いがけない人に出会った。 一期一会。忘れかけてい
 た英単語をあやつりながら、夢中で話した様に思う。ホアンキ
 エム湖 もう半周歩いて握手をして別れた。

 「あなたに会えて光栄です」

 という英文の決まり文句。真意をこめて話したのは今回が初
 めてのような気がする。

費用  ベトナムドン 日本円
ホテル 800,000 3,600
バス ハイフォンへ 150,000 675
鍋焼きセット 240,000 1,080
バス ハノイへ 70,000 315
taxi ホテルへ 215,000 968
夕食 215,000 968
ケーキセット 240,000 1,080
  合 計 8,686

 12月20日 十日目 in ベトナム
 まず 早朝の散歩からスタート。 まだ夜明け前の薄暗い中を
 昨日歩いたホアンキエム湖を一周。三々五々近くの人々が
 ウォーキングしている。ベトナムの人は早朝に軽い運動をす
 ることを習慣としておりどこに行っても広い公園には太極拳と
 かエアロビクスをしているグループに出会う。

 結構動きが速いエアロビクスのグループに交じり真似をしてみ
 たが、ものの30秒もすると呼吸が激しくなりやめた。 

 また別のグループは日本で昔流行したダンシングオールナイトの
 曲をかけながらカップルでダンスに興じていた。 日本の曲がこ
 ういう場で今なお親しまれている。

 一旦ホテルに戻り 朝食をとり 休憩。予約を入れていたホテ
 ルに移動する。顔なじみのスタッフの笑顔に迎えられる。

 今日の予定は公園の中に広い湖がある 緑多い統一公園で
 のんびりと歩いたあと買い物などをして帰り支度をしようと思う。

 入園料45円ほどを支払うと全くの別世界となり整備された緑
 一面の公園内を一周する子供鉄道の廃線跡をゆっくりと歩く。
 園内にはコスモスが咲いていたり、結婚の記念写真を撮って
 いる人もいた。

 線路敷きを歩いていると 途中からは野良犬がたむろしており
 彼らの縄張りに入ると吠えてきたので遊歩道をあるいて外に
 でた。

 

 ホアンキエム湖



 昼食はこの公園近くにあるという
 ”紀伊”の日本料理屋をみつけてとんかつ定食を注文

 統一公園  

 午後は百貨店で靴、T-シャツなどの買い物、その後、旧市
 街をぶらぶらとした。

費用  ベトナムドン 日本円
ホテル 817,000 3,677
買い物 698,000 3,141
鍋焼きセット 140,000 630
タクシー公園へ 55,000 248
ランチ とんかつ定 147,000 662
運動靴、Tシャツ 1,566,500 7,049
夕食 210,000 945
マッサージ 310,000 1,395
  合 計 17,747

 12月21日 11日目    in ベトナム最終日
 今日は8時に空港までの送迎車が来ることになっている。
 $38(\3900)のホテル早朝5時起床。

 3900円のホテル

 今日もホアンキエム湖を2周歩く。そして朝食、手荷物整理
 して8時5分前に清算。迎えの車は8時ぴったりに到着した。
 ハノイ11時35分発 台北乗り換え、大阪着20時50分、
 一日がかりの移動が始まる。

費用  ベトナムドン 日本円
ホテル リムジン込 VND 1,112,800.00 5,008
空港で喫茶 VND 79,000.00 356
合計 5,364

11日間合計 23,176
飛行機運賃 54,140
 総 合 計 77,316

  終わり

 洋行さん、長文のご投稿どうもありがとうございました.。
 のんびり節約旅行して見たくなりました。m(_ _)m



 いらっしゃいませタイランド 

戻る