タイの文化(シラチャー近辺のゴルフ事情)のお話

 2004年2月吉日

【Sさんからちょっと自慢】 

 Sさんからちょっとだけお耳を拝借、Sさんの自慢話を聞いてくだ
 さい。

 実は、先週シラチャーゴルフと言う所に、某有名総合家電のS社
 の方とゴルフを一緒にする機会があり、その際に『自己ハーフベ
 スト:37』が出ました。(*^_^*)
 S社様の方と気持ちよくプレーできたおかげで御座います。m(_ _)m
 ありがとう御座いました。この場を借りて御礼申し上げます。

 今年はいつになく不調の年で、今まで?今も?Sさんは不調でゴ
 ルフ辞めようか?とも、思っていたのですが、8連続パー+ボギー
 1で『37』がでました。

 今までは2年ほど前にハーフ『38』がありましたが、嬉しい限りです。
 合計スコアは84(47−37)と久方の自己体重86より少ない84
 と気分の良い1日でした。また、しばらくゴルフを続けようと思うS
 さんでした。
 
 重ねてS社さまの方々に御礼!また誘って下さいませ。

【最近のシラチャー周りのゴルフ事情】
 『シラチャーゴルフ』
 さて、本題です。今回ラウンドした『シラチャーゴルフ』以前はシラチ
 ャーインターと言い、オーナーが変かったそうです。

 今回シラチャーインターに行ったのは、日本人に限り、2月22日ま
 でグリーンフィー無料 とシラチャーゴルフのキャンペーンでキャデ
 ィーフィー200バーツ(約600円)でラウンド出来るから、このゴル
 フ場を設定しました。

 このゴルフ場以前はグリーンフィー+キャディーフィーで900バーツ
 (2700円)でプレーできましたが、キャンペーン後は、1700バーツ
 (5100円)へ値上がりしますので、もうSさんは、行く機会が無いと
 思っております。

 このゴルフ場は、山岳コースで地面が固く、距離も少し長めのコー
 スです、一番短いショートでも170ヤード御座います。一度プレーする
 には良いかもしれませんが、シラチャー近辺のゴルフ場では、値段が
 高い方になります。

 『続いてナチュラルパーク・リゾートとナチュラウルパークヒル』
 ナチュラルパーク・リゾートとナチュラウルパークヒルゴルフは、Sさん
 が住むシラチャーから車で15分の場所にあり、Sさんの会社ではナチ
 ュラルパークリゾートがメインゴルフ場でした。

 しかし去年の8月より、ゴルフ場売却の憂き目に合い、今現在新オー
 ナー会社と、旧メンバーの
 交渉がうまく行かず閉鎖になっております。

 新オーナー『@旧メンバーの会員権売買を認めない』
        『A旧メンバーは、1年更新メンバーへ振り替え』

 これに対して、旧メンバーは、訴訟するとかしないとかで。。。。
 2月現在いつ再開になるのか目処がついておりません。旧オーナーは、
 タイ不動産大手の『ナチュラル・グループ』見事な売り逃げです。。。。

 発展途上の国は、ゴルフ場が潰れやすい?ゴルフ会員権は資産に成
 りづらい。。。と言うお話でした。

    つづく。 

戻る