世界の名所(ミヤンマー)のお話            http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2014年2月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 2月に入りました、2月はタイ語でグンパーパンです。

 「Sさんのブログにて輝かしい第1200話、続けて第1201
 話と小生写真など掲載頂き、たいへん光栄です。 懲りず
 に今月の写真を添付させて頂きます。」

 と、末群さん(仮称)よりミヤンマー赴任記届きましたので、
 早速ご紹介です。末群さんはミヤンマーに20の診療所建
 設のため赴任中です。

 「毎日、驚きの光景に巡り当たります。先行する建屋は屋
 根がのり、形が出来てきました。」




 「雨期中の泥沼悪路は乾燥し砂煙悪路となっています。
 4輪駆動より4脚駆動の方が悪路に強い様です。



 支柱の無い橋、、結構恐ろしい(>_<)、でも通勤路(*^_^*)





 「弊社の内輪では牛車をランボルギーニ・カウタックと呼んで
 います。



 スケルトン型の最新車両(^O^)上と耕耘機型トラック下、
 これは面白い(*^_^*)ホイルベースが異常に長〜いゾ。





 おっ右ハンドルの日本車も走っている様ですネ



 美人さんの現場監督・・・結構厳しい管理だそうです。仕事
 終わって飲み会でしょうか(*^_^*) 日頃の疲れも晴れます
 ね(*^_^*)





 井戸掘り風景(^o^)



 結構な巨石が落ちてくる道(?_?)って言いたく無い様な・・・



 補修中の道ですと。。。作業着は無く民族衣装がミヤンマー
 スタイル。



 ランボルギーニとすれ違いながらの出勤風景(*^_^*)、舗装路
 が無く,過酷な環境での診療所建設ご苦労様です。



 「また、投稿させて頂きます 在ミヤンマー

 ランボルギー軍団の正しい使い方(*^_^*)、参考になりまし
 た。m(_ _)m
 末群さん、ご投稿どうもありがとうございました。

 小野田さんが亡くなりましたのニュースが流れてきた、
 小野田さんが日本に帰国した時、Sさんは小学生でした。

 そして時は流れ自分は小野寺さんが日本に帰国した時の
 年齢になります、 ニュースでの彼の横顔は私よりずっと
 年老いて見えた、簡単に大変と一括り(ひとくくり)出来る
 体験では無かった思いますが・・・・

 Sさんもありがたみを感じながら生活する年齢に達して来
 たのだと(*^_^*)
 
 ミヤンマーで活動される末群さんも、今まで便利な生活か
 ら不便な生活に入り良い経験が出来て居るのだろうなぁ〜。
 度重なるご投稿にも大感謝m(_ _)m

【ちょっとコーヒーブレイク】

 友人の丘さん(仮称)から



 「今日は暖かいので、銀塩カメラを電車に乗せてお散歩です。」

 丘さん御投稿どうもありがとう御座いました、年期の入った
 カメラ、一財産ですm(_ _)m
 Sさんの若い頃、カメラを買うなら(*^_^*)ンと言われた時代が
 ございました、理由は何処の質屋でも換金出来るから。。
 旅先の転んだ時の杖(^o^)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 風邪ひいてませんか? Sさん日頃から頑健と思って居まし
 たがぁ、、、。

 実はSさん、2週間以上インフルとお付き合いして居る強者
 さんから、ウイルスを戴いた様で久々のダウン、咳、鼻水、
 鼻詰まり、おまけに腰痛、怪我ではよく壊れる体も、病気に
 は強いはずだったのですが。。(-_-) 

 思い起こせば6-7年前にも同じお方様から中国版インフル
 の引導を渡され、、、平熱35.6度のSさんが、38度の熱を
 出した事を。。。思い出しました(>_<)

 当時はサーズの真っ最中で、、帰りの飛行機では、係官が
 度センサーモニターから目を離した隙にSさん必死に駆け抜け
 たのを覚えてます、、そしてタイ
 に着くやいなや病院へ・・・そのまま即入院となりました、メデ
 タシ目出たし。 

 インフルの思い出話でした。

 今日の格言 「風邪は人にうつすと治るは本当だった(>_<)」 

 インフルを撮された(ちょっと誤変換)者の体験談から(^_^;)



 風邪を引いたら暖かくして(*^_^*)お仕事です!



 いらっしゃいませタイランド 

戻る