タイの名所(サムットソンクラーム県)のお話       
 
http://www.kohbyo.co.jp/              2014年1吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 サムットソンクラーム県のアムパワーにあった博物館。
 タイの古式住宅。 











 蓮の花は、ドーク・ブアです。





 白ザル神、ハヌーマン像は約2mの大きさです。



 泊まったコテージから見た夕焼け

【ちょっとコーヒーブレイク】


 こちらはサイヤム・カルチャー・パーク、浪人業館(ちょっと誤変
 換(*^_^*)



 ホーチミン氏とマザーテレサ氏だと、、こんな顔だったか(?_?)
 会ったこと無いし・・・



 浪人業(ちょっと誤変換)はタイ語で、トゥッカター・キープンです。











 ドリアンの形を模した草細工
 


 タコはタイ語でワオ(*^_^*)です。



 お昼ご飯で食べたプラチョンと言う川魚の塩包み焼







【ちょっとコーヒーブレイク】
 サムットソンクラーム県からラチャブリ県へ移動時に見かけた
 山の上の時計台




 と、時計台の上部に付いていたプミポン・アドゥンヤデート王の
 紋章、走行中の車窓から良く撮れたと(*^_^*) 時計台はタイ語で、
 ホー・ナリカーです。



 移動中に見かけた巨大モアイ像(*^_^*)





 最後に泊まったコテージに付いていたカエル型の蛇口2種(^O^)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ちょっとS毛の写真、チャコールグレーのネコはどうしても黒猫に
 ・・・変身し易い。。





 和めます、ネコのお腹と肉球(*^_^*)

 ネコの続きはネズミのお話、タイでペットとしてよく飼われている
 ハリネズミ(タイ語でメン)、実はネズミでは無くモグラの仲間だと
 最近知りました(^_^;)、
 やはり日本は名称の付け方が甘いのか・・・ 50過ぎの新知識
 でした。

 ちなみに英名はヘッジホッグ(生垣の豚)となってましたので、
 まぁどこも いい加減な命名なのかも知れません。



 いらっしゃいませタイランド 
戻る