タイの名所(ミモサ)のお話               http://www.kohbyo.co.jp/
                                                    2014年1吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 S家から30キロほどの所に新名所が出来ましたので、
 家族4名で行って来ました。場所はチョンブリ県の南パタヤ、
 「ミモサ」です。

 入場料は150バーツとタイ語で書かれて居ました(タイ人
 値段)ので外人は(?_?)。中は何処をイメージしたのか不明
 ですが西洋風の建物にお土産屋さん。

 しかし2時間おきにニューハーフショウが上演されて居るの
 で、これを込みと見れば意外とお手頃価格だと感じました。















 どこのショウも歌は口パクなのですが、上の女性(?_?)だけは
 生で歌ってました、素晴らしい歌唱力だったと吃驚でした。(^O^)









 ショウが終わるとダンサー達が外出て一緒に写真を撮りまし
 ょうと誘ってきます。
 撮影チップは20−100B程度(約60〜300円)。









 ショウを合わせれば、のんびり半日コースです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 隠れファンが以外と多い(^O^)旧車リビルト販売店のお話です。
 今後も2-3か月に1度のペースでお店の状況をご紹介してい
 きたいと思って居ます。







 このお店の凄いなぁと思うのは、板金の巧さと、ナンバープ
 レートが付いている現役車両がとても多いこと(^O^)、乗って
 帰れます。





 それにしても、この時代のアメ車のピックアップトラックデザイ
 ンは秀逸ですね。





 装飾街灯と同じで機能美だけで無いデザイン性って好きです
 (*^_^*)最近の車は、空力デザイン優先の性か(?_?)どの車両
 も没個性で同んなじに見えるゾ。











 おまけ編


 ニワトリの形をしたプラント(^O^)タイ語ではガイ・ファーと呼び、
 天のニワトリの意味です。



 いらっしゃいませタイランド 

戻る