タイの文化(記念写真館)のお話      
 
http://www.kohbyo.co.jp/                2013年11吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 「お父さん、家族写真を撮りに行きましょう(*^_^*)」 

 (?_?)よくよく聞いてみると、家内が書棚を買った家具屋さん
 から、写真のタダ券を貰ったのでした。

 場所は、S家から5分ほどの所にOPENしたばかりの写真
 館、タダ券持って行くと・・・
 2名様、衣装4着のレンタルと化粧代、1枚の写真が無料
 (*^_^*)ですと。



 S家が行った写真館「Dデサイン」

 看板説明、左から結婚パッケージ6900(約2万円)バーツ
 から、野外撮影無料、着付けと化粧、クーポンで日産マーチ
 当たります、最後に6か月ローン金利も0%

 家内と長女子君は純白のウエディングドレスを選び、2名様
 のハズがSさんと長男氏君もスーツ姿で化粧され、専属カメ
 ラマンが高そうなカメラで持ってスタジオ撮影、その後女性
 陣はタイ衣装となったため、男性陣も衣装を追加レンタル(

 何故か無償)結果その他撮った写真をCD+アルバムにした
 場合2万バーツ(約6万円)と便乗商法にはめられました。



 化粧風景、モデルは長女氏君と家内、、ちなみに館内は撮
 影禁止

 まぁ考えて見れば、家内との結婚式には私服のジミ婚だった
 し。。。滅多に撮らない家族の集合写真と思えば。。。の2時
 間半でした。(化粧待ち着替え待ちで1時間半)

 今日の格言
 「クレジットカード使えます、分割払いも可です(*^_^*)」

 家内はとっても嬉しそうでした。

 ちょっとタイ雑学
 タイの写真館は、貸衣装のウエディングコンサルも兼ねている、
 タイ人にはとっても
 身近でちょっとした街にも複数店舗が・・・ちなみにシラチャー
 の街並み4キロほどにも3軒ほどは知ってますが、もっとある
 かも。 店舗には貸衣装、純白ドレス、タイの衣装、各種スー
 ツ類靴まで揃い、化粧室も専属スタッフもカメラマンも居るの
 で、Tシャツサンダルで訪れてもOK。 豪華な式を挙げられ
 なかった家族に重宝。

 S家がこの写真スタジオを訪れた時には、3組ほどの家族
 がお子さん連れでいらしていました。 そして奥さん達が
 ウエディングドレスに福よかなボディーをウエディング
 ドレスに詰め込んでいました(*^_^*)(*^_^*) 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 出向者用にシラチャーの物件を探索、見つかった部屋が、
 下の写真の部屋で6000バーツ(約18000円)、契約が
 決まれば新しい冷蔵庫とベッドもシングルをダブルベッド
 へ交換して下さるそうな。写真で見ると床もキレイ。
  




 家具もクラシック調で(*^_^*)



 バスルームも洒落ています。 この部屋は3−40u。光熱費
 を入れて8000バーツ(約24000円)と言う処でしょうか。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 蒲田駅で発見された老人の死体で始まる松本清張の砂の器
 ・・・そして遺体の年齢は51歳であった。。。

 この作品が出たのはSさんが子供の頃で、2回ほど読んだこ
 とを覚えて居る。
 当時の51歳は立派な老人にカウントれる年齢だったのだろう。

 しかしいざ自分がその年齢に達してみましたが自分が老人
 (?_?)とも大人に成った(?_?)ともさほど感じないないのです。。。
 m(_ _)m、Sさんが子供の頃の50代はもっともっと老人であっ
 た様に確かに思うのですが・・・。

 50年前、20歳〜60歳までの働く世代の婚姻率は98%、
 現在は80%と、2割の方が結婚を望まない生き方を選ん
 でいるそうな。

 Sさんが平均余命を全うする頃には、
 
 「あっ珍しい・・・子供が歩いている・・・・」 なんて事になら
 ない様に。。。

 Sさんの友人にも生涯独身を貫いている方が男女を合わせる
 と9名ほど居るので・・・ヨボヨボの老人に成る前に(*^_^*) 

 今日の格言 「人生50年から余命50年への始まり」

【ちょっとコーヒーブレイク】 
 3か月研修生の勇矢さん(仮称)が帰国しました、彼の研修
 生リポートから(*^_^*)

 「来たばかりの時は不安しかなかったですが、今はいろいろ
 経験出来てとても社会勉強できているなと実感しています。
 日本人にしてもタイ人にしても人と人のつながりが生活、仕
 事をしていくうえでとても大事なものだということがタイに来て
 いろんな食事の場に行かせてもらい再確認出来たなと思い
 ます。繋がりと関係は大事にしないとなと感じます。

 そして同氏が一番気に入ってタイのことわざ(*^_^*)をご紹介。

 「ガム・キー・ディークワー・ガム・トッ」

 直訳しますと、屁を掴むよりは糞を掴んだ方が良い。 意味
 的には、何も無い物より形のある物がまし、、転んでもただ
 では起きたく無いポジティブな方むけのことわざです。 
 勇矢さんはさぞや沢山の経験値を積んだことだと(^-^)



 ちなみにお馬のオナラは結構大きく、、草食だから臭くないと
 思っていしたが結構
 (-_-)(-_-)です。 写真は軍の乗馬場から、鞍の脱着時に逃げ
 る馬さんです。馬のオナラと馬糞(*^_^*)なら身近にあります。

【ちょっとコーヒーブレイク】



 朝5時半に自宅を出る時のお月様



 そして6時20分出社時のお月様、40分で結構回転してい
 ると(^O^)

 今日のタイ語教室

 月 : ドゥアンジャン



 いらっしゃいませタイランド 

戻る