タイの文化(障害者の活動)のお話    
 
http://www.kohbyo.co.jp/                     2013年11吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんの家内よりチョンブリ県自閉症保護者の会センターの無
 償での活動風景の投稿がございましたので、ご紹介です。

 障害者の支援とか言うと格式ばって聞こえますが、実際は独
 りで生きていくための日常生活支援がメインになるそうな、着
 替え方、お風呂に入り方、歯のみがき方、お金の使い方、
 買い物の仕方やお釣りのもらい方、礼儀作法等々。。



 今回は、物を戴いたらお礼を言う訓練、タイでは手を合わせて
 ワイと言う挨拶をしながら(*^_^*)ありがとう(*^_^*)といいます。




 
 健常者でもなかなか「ありがとう」と謝意を伝える(^_^;)のは難
 しい。。。勉強になりました、最後は保護者にも(*^_^*)

 ちょっとタイの障害者環境雑学
 タイにも障害者のための学校はございます、しかし公的機関、
 私営を含めてもその数は少なく充分な数ではございません、
 あっても遠くて通えなかったり、 このセンターの児童も公的機
 関や施設で受け入れ先の無かった児童達です。

 現在の所属は44名、しかし毎日通ってこれる児童は20名
 前後だそうです。

 一番の理由は経済的なゆとりがないと言うより困窮している
 から、大変厳しい状況です、子供にも教育の機会を与えたい
 との切なる願いは当然あります、しかし保護者も生活のため
 に働かなければならいが、子供の通学の同行や、毎日のケア
 、毎日の家事、もこなさなければなりません、等々悩ましい状
 況が聞こえてきます。 

 それ以外にも協力してくれるはずの伴侶が、子供の障害を
 理由に離婚する家族も多いのも現実で、両親が子供を捨て
 て行ってしまうことも、このセンターにも元捨て子となってい
 た児童が2名ほど居るそうです、今は幸いなことに親類が引
 き取り預かったり、里親が出来たりと(*^_^*)。

 こう言った実情もあり、保護者からも運営に参加している事
 で、昨年4月1日に私営のセンターとして設立し無償サービ
 スを方針に活動継続中。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県自閉症保護者センターは、障害を持つ児童(現
 在44名で増加中)。 県全体で、チョンブリ県自閉症保護者
 の会の登録者は、現在133名あるそうで、この数字の意味は
 、学校や受け入れてくれる施設がない待機児童数を示して
 居るそうです。内44名がセンターに通ってきています。
 
 センターの活動資金は、イベント
 毎に政府機関や県の窓口に申請し援助金を戴いたり、
 センター内での製造品販売、造りバッグ、帽子、アルミワーヤ
 ーを使って自動車やバイク等を作るワイヤーワークス液体洗
 剤等々。 政府のイベントや県のイベントにブースを借り販売
 後は各企業からの寄付で賄っています。



 上の写真は、イベントで無料ブースを戴いたので、制作品の
 販売会(^-^)

 と言っても活動に充分な予算がある訳でも無いので、この
 度センター内で昼食代の節約のために、生活訓練を兼ねた、
 もやしの製造を始めておかずの足しに(*^_^*)一石三鳥(^_^)v
 目下の問題は、通学費・・・これが修学の負担になって毎日
 通って来れない児童が多いのです。





 このもやしは、料理実習にもなりますので一石4鳥かも(^_^)v



 目下の悩みの一つは、通学費・・・保護者も一緒に同行通
 学になるので経済的な負担が大きいのが悩みの種ですと。

 悩ましい問題は多々ございますが、まずは笑顔で(*^_^*)
 活動中 



 朝の国旗掲揚シーンから(*^_^*)

 センター継続して運営できているのは、様々な人の好意と
 ボランティアで成り立って居るそうです。 タイには困ったら
 寄り添い助け合う文化が生きています。



 いらっしゃいませタイランド 

戻る