タイの文化(エアチケット無くしたら)のお話 その32   2004年2月吉日

【気を付けよう編のお話】 

【エアポートに行ったら自分のチケットが無い!!】

 なんて事は滅多に起こらないとは、存じますが、そこはSさんの
 会社、、、あるのです。
 
 日本では、チケット無くしても予約番号等があれば、チケット発行
 してくる?なんて話しも (不確認ですが)あると聞いた事がありま
 すが、タイでチケット無くした場合をご報告。

 
 
 空港に行ってから『チケットがない』場合、Sさん旅行代理店に聞
 いて見ました。旅行代理店からの回答は『エアチケットは証券と同
 じ扱いになるので再発行は出来ない』と言うことを確認しました。

 よって、空港まで行ってチケットを忘れた?無くした事に気が付い
 た場合は、ノーマルチケットを購入して目的地に行くか、忘れたチ
 ケットを取りに行くしか手だてが御座いません。

 もし、紛失の場合は、タイの警察署へ行き『紛失証明』を発行して
 もらい、旅行代理店へ行きリファンド(返金申請)をすれば、4−5ヶ
 月後にリファンド手数料(約2−30%)を引いた金額が帰ってきます。
 日本発行のチケットの場合は、日本で申請してください。

 ちなみに、チケット発行後にチケットをキャンセルすると、手数料:
 1000バーツが掛かります。

 と、言うことですので、空港へ行くときには必ず、パスポートとチケ
 ットを確認の上、ご出発願います。

 ちなみにSさんの会社では、
 ・真冬の日本へ帰国された方で、上着を車の中に忘れて、Yシャツ姿
  にマフラー代わりにタオルを首に巻いて成田からお帰りに成った方。
 ・やはりコートを車の中に忘れて、コート無しで正月にお帰りになった方。
 ・酔っぱらって搭乗拒否をされた方
 ・チケットを会社に忘れて、空港までチケットを届けさせた方。

 等々と、言う方々居るとか居ないとか。。 本当は。。。。居ません!!


 ウソつきSさんからリポートでした。


 いらっしゃいませタイランド



戻る