世界の名所(台北 )のお話           
 
http://www.kohbyo.co.jp/                 2013年9吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 「Sさんお世話様です。郷(仮称)です。台湾の写真を整理
 したので、送ります。

 と写真の先生郷さんよりご投稿がございましたので、百文
 は一見に如かず(ちょっと誤変換)さっそくご紹介です。

 「各々のコメントは次になります。

 「故宮にある孫文の像です。当日は土曜日ということもあり
 大混雑でした。中国大陸からの観光客が多いとのことです。」



 「龍山寺です。縁結びの神もいるので、若い女性の参拝客も多し。」

 「中正紀念堂です。蒋介石を記念して建てられたモニュメント
 です。

 「モニュメントの中にある蒋介石の像です。両脇を海軍の兵
 隊さんが守っています。」



 「忠烈祠の衛兵の交替式です。衛兵の行進が見事でした。

 ブーツに白ヒモ〜編み方も格子とお洒落ですネ。 

 「衛兵は軍人の中でもエリートでないと任務につけないそうです
 皆、眼光が鋭く、顔がきりっとしています。



 「霞海城隍廟でシャーハイチェンフゥアンミァオと言います。
 ここも良縁を願う若い女性が参拝しにやってきます。





 「九分です。場所は台北から車で約1時間くらいです。ここの
 妹茶楼(あめちゃろう)は「千と千尋の神隠し」でモデルになっ
 た建物です。日曜日に行ったので、とても混んでいました。
 景色がきれいなところなので、人が少ないときにもういっぺ
 ん行って夕日をみたいです。



 確かに(*^_^*)似ていますね油屋の前に広がる食い物屋街、
 と言う雰囲気も伝わってきます。



 「宿泊した台北アンバサダーホテル(台北国賓大飯店)の
 夜景です。台北アンバサダーホテルの最寄り駅はMRTの
 雙連駅です。飲食店が多く、食べ物には不自由しない
 ところでしたね。台北駅からMRTで北に駅3つほど行った
 ところです。
 8/20(火)は橋 幸夫がホテル内で公演とのポスターが
 ありました。

 ちょっと中野区雑学
 橋幸夫で思い出した事、中野ブロードウエイの北側の入り
 口?出口?近くに橋幸夫 の店がございまして、Sさんの
 父は、この店で背広を仕立てたことがございました。
 今でもこの店があるかどうかは不明ですがぁ今から45年
 程前のお話です。
 何で覚えて居るかと言いますと、この店で父は
 「石原裕次郎の次に股下の長いお客だった」 と褒められ
 たそうで、その自慢を何度
 となく聞かされたので・・・・・(*^_^*)

 「ホテルの近くにあったGucciの夜景です。」

 郷さんの旅行は美しい奥様との夫婦旅行で羨ましいなぁ、
 Sさんは結婚して今年で21年になりますがぁ夫婦だけの
 旅行は、ハニムーンと翌年の旅行の2回のみ、後は子連れ
 オオカミ。。。

 Sさんは郷さんの奥さんのファンです、ひいき目に見なくても
 お美しい方で、5年ぐらい前に家族で日本へ行った時に、
 遊さん達が東京タワーの近くのビルのフロアを貸し切り対応
 をして下さいました、 その時〜郷さんの奥様(^o^)は先行し
 て座敷で待っていて下さっていたのですが、余りにも変わら
 ない(*_*)ので、目で追うだけで挨拶を忘れ失礼をしてしまっ
 た事を今でも思い出されます。(^_^;)m(_ _)m

 郷さん、ご投稿ありがとう御座いました。

 ちなみにSさんも20数年前、まだタケノコビルができる遙か
 前にタイペイ(台北)に行った事がございますが、仕事たっ
 だし1日だけだったので(-_-)全く記憶がない、観光もしな
 かった(>_<)。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 家内から 「安い50インチのテレビがあるんですけど買って
 もE〜い?」とあり、 「HDタイプなら・・・(最近教えて貰った
 高画質)」 
 
 良くよく聞いてみると値段は何と7000バーツ(約2万1千円
 也)安い、3DテレビのHDタイプでした。。メーカー(?_?)・・・・
 不明(調べなければ)・・・。。。
 
 取りあえずOKサインを出したので、今月の家内の誕生日
 プレゼントにする予定(^-^)

 安いテレビございます。

 ちょっと50過ぎの新知識

 HDとは画質の事だそうな、FULL HDが一番良いそうで、
 これならブルーレイも綺麗に見る事ができるそうな。 気を
 つければ行けないことは、解像度≠画質なので注意して
 ください、と
 
 メーカによって画像処理速度が異なるので・・・最後に決め
 手に成るのは技術的に信頼の置けるやっぱり日本製、
 ガンバレ日本!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 以前ご紹介した日本で買ったお土産のその後・・・・完結編
 4コマ漫画風でご紹介







 いらっしゃいませタイランド 
戻る