タイの文化(個人輸入)のお話 その31  
  2004年2月吉日

【タイに日本からバイク、車を輸入しようとしたら?のお話】 

 タイは、車が高く約日本の1.8倍の価格で売買されています、
 おまけに車種も少ない。現在タイで購入(現地生産)できる車種
  『トヨタ』カムリ、カローラ、ウィット、ハイエース等とっても車種が
 少ないです。他のメーカも機種的には1社当たり4−5機種の状
 態です。

 おまけにバイクは?と言えば、200cc以下の小型車のみで、大型
 車は、中古の輸入。。。スンゴク高くてモデルも少ない。。。。

 と言うことで、Sさんはもっと安くタイにないバイク、車の個人輸入が
 できなか?と考えたのでした、タイでは外国から新車輸入は輸入関
 税が100%とも言われていたタイで、個人輸入をしたらどうなるか?
 調べて見ました。 その結果をご紹介致します。

 本当は。。欲しいバイクがあり、タイでの入手が困難なので調べた
 のと言う理由が70%。



 これがSさんが欲しいと思っている バイク、ヤマハ・ロードスター:1600
 ccです。 日本の中古相場(80−100万円)、新車価格:127万円。。

 これを、日本の横浜港からタイのバンコク港まで輸入するとどうかと調べた。

 個人輸入をする場合、タイのMOI(Ministry Of Industry=工業省)へ申請
 が必要になります。工業省に承認されれば、個人輸入は出来ます。

 @ヤマハ:ロードスター1600cc :約60万円(中古の車両の場合、下取り
  価格で査定)
 A日本の出荷諸費用      :約11万円(梱包費(5万円)、輸送費・
  出荷諸費用(6万円)
 B輸入税30%と付加価値7% :約22万円
 Cタイ通関費用          :約3万円

 と、約96万円掛かります。(同じバイクがタイで、32万バーツ約96万円)
 で売っています。
 @からCを対応し、ナンバー登録に6万バーツ(18万円)支払えば、晴れ
 てバイクに乗れます。

 ちょっとタイ語教室
 ・輸入   :ナムカウ
 ・輸入税 :パシー・ナムカウ
 ・税金を払う :シア・パシー

『ちょっとコーヒーブレイク』
 輸入したバイクの総価格を下げるには、@番の車体価格を下げれば良い
 のですが、10万円等の安い価格を付けた場合、タイの通関で見なし課税
 (税関がこのバイクはたぶんタイでは100万円で売れると税関職員が判断?
 思った?場合、その価格が課税対象)になりますので、あまり思い切った
 事は出来ません。

 もちろん輸入税を査定するタリフコードも御座いますが、それは発展途上
 の国ではお役人様の個人的決裁権が大きく影響することは言うまでもご
 ざいません。

 そこで輸入税と付加価値税(日本では消費税)の減免を受けるのが一番
 なのですが、調べた結果、そんな物はありませんでした。

 *タイ出向者に対して、日本で使用していた車両をタイで2年間転売しな
 いことを条件に輸入できる。と言う慎ましやかな噂も御座いましたが、、、
  噂で終わりした。

 *車両の輸入税:去年までは42%もしていた。。。とのころ(現在30%)

【結 論】
 要は、タイ工業省の許可さえ通れば、タイで売っていない機種を値段さ
 え気にしなければ輸入できると思ったのですが、その後、輸出入業社より
 連絡が入り、この会社では、過去MOIが個人輸入を許可した輸入品を
 通関した経験がない。(早い話が許可されない)許可対象となるのは、
 外交官のみ。。。とのご報告で御座いました。。。

 Sさんの個人輸入計画は潰れてしまった。。。でも新しい知識が付いたSさ
 んは何となく嬉しかった。。。

 それでは、タイ大型バイクの中古業者はどうやって輸入しているか?と言
 えば、日本、またはアメリカから、部品取り車を大量購入して値段を下げ、
 スクラップ、部品として輸入して、輸入税20%前後を支払い通関、その後
 組み立て販売、、、となるのです。

 やっぱり専門業者さんには、かなわ無いことを知ったSさんでした。


 いらっしゃいませタイランド
 



戻る