タイの名所(サンクラブリ+ミヤンマーボーダー)のお話
  
http://www.kohbyo.co.jp/               2013年8吉日 
【ちょっと良いお話】
 Sさんず〜と、チョンブリ県自閉症保護者の会の活動をウオ
 ッチし、このホメパゲでご紹介させて戴いております。 

 このたび、センター代表のアラヤーさん達のボランティア活
 動が認められ、2013年7月19日に、チュラポーン王女
 (長女でウボンラット王女とも)より表彰されました。
 
 このニュースは7月20日の7チャンネルの皇室ニュースの
 時間で放映されました。 
 ので、さっそくご報告させていただきますネ。(*^_^*)

 クリーム色のシルク服です(*^_^*)・・・下の影像は7チャン
 ネル皇室アルバムからの抜粋です。

再生ボタンを押して下さい
 m(_ _)m

 お役人の後の一般人で2番目に王女様から表彰されて
 居るのが功績だと思います。
 これも日頃からのボランティア活動が認められた成果です
 ねm(_ _)m(*^_^*)
 おめでとう御座います。m(_ _)m 

 チョンブリ県自閉症保護者の会センターについてもっとお
 知りになりたい方は、表題の障害者
 活動のお話をご参照願います。

 ちょっとタイ雑学
 王族の方と接する機会として一番ポピュラーなのは、国立
 大学の卒業式には卒業証明書を
 王族から戴けます、20数年前にギル教授(仮称)がタマサ
 ート国立大学の修士課程卒業式でプミポン王から卒業証
 明書を戴いた写真を見せて戴いた事を思い出す。

 それ以外と言えば、一般人では今回の社会貢献での表彰
 ぐらいです。 日本と比較しても皇族から何かを表彰される
 機会は少ないのと同じですね。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 サンクラブリのサパーンマーイ(タイで一番長い木製橋)の
 崩落のご報告を致しましたSさん5年前の写真を見るとど
 うもこの時のバイクルーリングをご紹介して居ない様(?_?)
 そこでご紹介です。第618話と619話のつづき(?_?)かも。

 季節は5年前2008年の7月中旬(*^_^*)、チョンブリ県→
 サムットプラカーン県→ナコンパトム県→カンチャナブリ県の
 サンカブリまで片道約500キロ、往復1000キロの1泊2日
 のツーリング
 
 この当時は、ラマ8世橋も無く、タイ南部へ向かうアウター
 リングも無い頃でしたので、サムットプラカン県から艀
 (ハシケ)でチャオプラヤ−川を渡り、  工事中の高速道路
 アウターリングは無料開放中だったので、この高速を走り
 ナコンパトム県へ(タイで一番大きな仏塔がある県)経由で
 カンチャナブリへ・・・(*^_^*)

 



 このハシケは車もバイクも載せ川を渡ります。


 
 足下からエンジンがハミ出て居るのがSさんのバイクです。

 Sさんの住むチョンブリ県からカンチャナブリ県の中心部クワイ
 川までは片道4時間ほどの距離ですが、そこから同じカンチャ
 ナブリ県とは言え、サンカブリのミヤンマー国境までは3時間
 は掛かる距離・・・おまけに最後の1時間は非常に道が悪い、
 穴ぼこだらけの道路を走るのです。




  


 奥に見えているは、サンクラブリの湖、ここは山岳民族のモン
 族が多い地域で有名です。
 タイ語の発音的にはサンカブリの方が通じます・・・・



 ゲート向こうがミヤンマー国



 ハイ6時間ほどで到着したミヤンマーのボーダーと足短星人





 そしてココが目的地のサパーンマーイです。長い橋の下は湖
 になっております。





 この犬はの寝ている場所は、タイで一番長かったい木製橋
 のサパーンマーイの上



 橋の横にあった道標「タノン・サパーン・マーイ、ソイ5」
 意味は、木の橋通り、第5小道


 
 そして泊まった宿を翌朝撮影、お坊さんが托鉢に来ていたの
 で朝6時過ぎだと思います。

 ちょっとタイ雑学
 お坊さんの後に付いている左端の子供はデック・ワット(お寺
 の子供の意味)、家が貧しい等の理由で、お寺に預けられ生
 活をしてるお子さんです。 お寺は子供を学校に行かせ、子供
 は、お坊さんのお手伝いをしながら大きく成るのです。(*^_^*)

 ちょっとタイ雑学
 タイ人の多くは仏教徒のため、蚊が飛んできても叩く等はせず、
 手を払って追い払う・・・・と誤解して居る方もいらっしゃいます、
 確かにタイ人は殺生を嫌う人は多いですがぁ(^_^;)。

 しかし仏門に入れば、殺生や女凡は固く禁じられている行為
 です、実家に母親を訪ねる場合でも部屋の扉は開け放して置
 く等の対応が必要です。 またお坊さんのタイでの移動はバス
 が多く一番後ろの席はお坊さん優先席となっておりますので、
 お坊さんが来たら席をお譲りしましょうネ。 またお坊さんのお
 隣に女性が座ることも禁じられてますのでご注意を(*^_^*)

 お話戻ります(^O^)
 復路はバイクのフュエールホースに穴が開き(旧車だから(^_^;)、
 ホースにテープを巻いたのですが、結局ジーンズを濡らしなが
 らバイク屋さんへ急行した事を思い出しました。

 そしておまけ編、サンカブリで見かけた街犬と猫





 特売中のお犬様だったかも(*^_^*)



 皮膚病に罹った・・・老いぬ様(ちょっと誤変換)・・・惚けてて
 m(_ _)m 





 いらっしゃいませタイランド
 
戻る