タイの観光スポットガイド      2004年2月00日

【チャン島のお話】 

 リゾート地についてあれこれ言っても仕方がないので、
 『百聞は一見に如かず』
 最近シリーズ化を検討中のSさんであった。

【チョン島へはフェリーで行きました】 トラート県チャン島


    

 フェリー代往復、4名+車で270バーツ(約810円)片道50分
 の旅。 Sさんの住んでいるシライチャーから車で約3時間半。

【これがチャン島の船着き場】
  

 (チャン島とは、象島の意味ですが、象はいませんでした)
 島の端から端まで車で1時間の島です、と言ってもアップダウン
 が激しく、時速30ー40キロ程度。
 タイでは、プーケットの次に大きい島です。場所的には、シャム
 湾の再右端にありカンボジアと国境(海境)で接しています。

【ここからホテル、泊まったのは、シービューリゾートホテル】
    

   

 泊まったのコテージ、このホテルは、チャン島の中でも珍しく、
 崖に面して設備を配置しているため、非常に眺めが
 よろしいホテル、一泊:3600バーツ朝食付き(約1万円)

【ダイビング&シュノーケリングツアー】


   
 
 実は、Sさんプロダイビングの資格を持っているのだけでど、
 潜らなかった。。。。
 着れるダイビングスーツが無かった訳では無いけれど。。。。
 シュノーケリングしてました。
 それにしても外人が多かった。同船した15名の内、11名が
 西洋人だった。

 ダイビング料は、1日2600バーツ3ダイブ(7800円))と
 お手頃。シュノーケリングは:700バーツ(2100円)

【モンキーショー】
 

  

 2003年から始まったモンキーショー、午前10時と午後??時
 (思い出せない)各1時間のショーあり。
 外人は、1名200バーツ(600円)。Sさんは交渉して家族4名
 で200バーツを払った。 
 海以外何も無いところでは、我慢して見られるクラスのショーで
 した。感化役は約20名でした。

 全体的に、2−3日の宿泊にはもってこいの場所と思います。
 ちなみに、BKKからはトラートまで飛行機でも行けますので、
 BKK方面からの出発は飛行機が便利でしょう。


 いらっしゃいませタイランド
 

戻る