タイの文化(障害者活動)のお話           
 
http://www.kohbyo.co.jp/       2013年4吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイでは子供に対してヌウ(ネズミ=小さい物の象徴)と
 呼びかけます、も少し年齢が高い若者にはノーン
 (弟分、妹分)と呼び、年齢が自分より上と思えばピー
 (お兄さん、お姉さん)と呼び、微妙な場合は、クン
 (○○さん)と。。 

 そして微妙だと思う場合はお互いの年齢を確認し合い、間
 違っていた場合は(^_^;)m(_ _)mと言ったりします。
 猿山の序列と同じ様な文化なの鴨(?_?)しれません、
 このことからもお解りの通り、タイ人は自分の年齢に対して
 嘘も無くオープンに答えて下さる処は日本文化との大きな
 違いだと思います。

 タイ人の間では呼びかけを含めて上下関係を尊重かつ重
 視するタイ人・・・処が外国人に対しては、敬称なし呼び捨
 てが多いのは何故かしら(?_?)・・・アメージングタイランドです。
 
 ちょっとタイ語教室
 ・年齢 : アーユ
 ・何歳ですか? : アーユ・タウライ
 ・老け顔 : ナァー・ケー

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんの家内がサポートして居ますチョンブリ県自閉症保護
 者の会が、4月1−4日に政府主催の世界自閉症アワーネ
 ス・デーに参加しテレビ放送もされたそうな。



 中央の方が副大臣クラスだと。



 おぉ確かにテレビカメラいっぱい(*^_^*)、ワールド・オーティ
 ズム・アワーネス・デー





 バンコクの厚生省近くを行進したそうな。 そして厚生省内施
 設でのセミナー風景





 チョンブリ県自閉症保護者の会センター活動報告と児童の作
 品の紹介+実演販売ブース

 



 
 
 実演販売品は、ワイヤーワークス、マット、ハンドバッグ、
 キーホルダー等々(*^_^*)、売上はセンター活動費用と、
 児童に分配しているたそうです。

 



 学習支援のグッズも(*^_^*)

 英字新聞の愛読者ギル教授からも

 「S君、少し前のBangkok Postを見ていたら、自閉症児につ
 いての記事がありました。
 S君が知っていることばかりだとは思いますが、Bangkok Post
 に自閉症児についての記事が載ることはめずらしいので、
 お知らせしておきます。
 
 http://www.bangkokpost.com/news/local/344181/

 テレビに新聞にと比較的大きなイベントだった様です。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんお仕事の関係上、両替レートをチョコチョコチェック
 して居て太思ったこと、トラベラーズチェックレートって無
 くならないですねぇと、クレジットカードが普及した現在は、
 海外旅行にわざわざトラベラースチェックを買って持って
 行く方は超〜少数派になった事だと思います。

 Sさんも30年前は、アメックスの支店へ行ってトラベラー
 スチェックを買い旅行へ行ったものでしたがぁ、今ではクレ
 ジットカードで買い物出来ますし、キャッシングも。

 でも昔はクレジットカードが使えるお店が少なかったなぁ〜、
 その内にトラベラーズチェックと言う言葉が死語になる時
 も近いかも。。。

 そして思い出す・・・トラベラースチェックのサインとパスポ
 ートの署名が似ていないと言われて銀行内で何回も書き
 直し(>_<)を言われた事を・・・・(-_-;)  



 いらっしゃいませタイランド 
戻る