タイの文化(出家式〜♪)のお話          
  
http://www.kohbyo.co.jp/                  2013年3吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイの成人男子は、出家して親の恩に対して感謝と幸福
 を祈る文化がございます。
 それ以外では、結婚前、親が死去した時等々の人生の
 節目節目に出家します。

 一般的に期間は3ヶ月間、今年はカオパンサー(7月23日)
 からオークパンサー(10月19日)、太陰暦を使用して期間
 を定めて居るので毎年日にちが変わります。

 しかし最近は、仕事やその他の関係で短期間の出家もあ
 るそうで(三日坊主も(*^_^*)、この度〜短期出家した茶÷
 君(仮称)より投稿写真を戴きましたので、ご紹介です。

 まずは自宅で剃髪します、面白い事に頭は後ろから剃り始
 めるのです、そして白い衣装に着替えます。 後ろの旗は
 国旗とお寺の旗です。

 

 そのむかし〜お釈迦様に白蛇が言いました、「私もお坊様に
 なりたい」と、しかし人では無いためできません、そこでお坊
 様なる直前の段階を「しろへび=ナーク」とし、人も白い服を
 着てナークになってからお坊様に成る様になったそうな。



 家族や親類から白い糸を手首に巻いて貰い祝福を受けます。





 ご両親に感謝の合掌(ワイ)をしてお寺へ。



 地方では、写真の様にトラックにより親類知人を引き連れた
 パレートしながらお寺に向かいます。



 各地から集まったナーク達、眉毛も剃るのがタイ式。





 お寺に到着し僧衣ジーウォンを戴き着替えます



 僧衣は一枚の布で出来て居ます。



 そして僧籍に入ります。
 


 目出度し目出度し。

 茶÷君、ご投稿どうもありがとう御座いました。 立派に徳を
 積んできたと合掌。

 ちょっとタイ語教室 
 ・出家 : ブワット
 ・出家式: ピティー・ブワット
 ・僧侶 : プラ・オン
 ・お寺 : ワット
 ・白蛇 : ナーク
 ・僧衣 : ジーウォン
 ・還俗 : スック
 ・托鉢 : ビンタバーツ
 ・合掌 : ワイ
 ・剃髪 : ゴン・フア
 ・宗派 : ニカイ
 ・宗教 : ササナー
 ・悟る : サムヌック
 
 ちょっと僧籍雑学
 僧籍に入ると4時頃お祈り、6時から裸足で托鉢へ、その托鉢
 した食べ物を朝と昼前に食べ、午後は何も口にしない生活が
 始まります。厳しい戒律の宗派では午後からは水も×

 タイ仏教は2つの宗派、ヒンヤーン派とマハ-ヤーン派があり、
 厳しい戒律のヒンヤーン派の僧侶はお金に触れることを禁止
 してますので、交通機関を使って移動時はデックワット(お寺の
 子の意味)を同行しての移動になります。

 またタイには外人ためには僧籍ビザ制度と言うのがあり、僧籍
 である限りビザが更新されます、一般的に20年期限を言われ
 てきましたが、Sさんの友人は20年を超えて未だ僧籍に居るの
 で、たぶん規定が変わったのだと思われます。

 食事は朝、昼の2食のみで。そして母親を含めて女性に振れる
 ことも禁止です。

 また小乗仏教ですので、個人の悟りを重視しているため宗派よ
 りも悟りを開いたとされる高僧を尊ぶ文化です。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 お話変わって少し文化考、第1105話、1106話と4人に一人
 は運の月(ちょっと誤変換(*^_^*)のお話で妄想ぐるぐる(@_@)し
 ているSさんです。

 西洋と東洋の文化の違いの一つに西洋人は体臭が強く香水文
 化圏、よってハンドシェイクして、ハグしてマーキングしながら仲
 間を認知する風習が生まれてきたのでは無いでしょうか。

 変わって東洋人は体臭が少なくお香+不浄を嫌うの文化圏、握
 手しても直ぐに洗われてしますので、手を合わせる合掌や頭を
 下げる礼の文化が生まれてきたのでは無いでしょうかネ〜♪と、
 思うSさんでございました。

 おトイレ学から比較文化考(*^_^*)、あながち間違っても居ない様
 な、昔〜から続いている文化や風習には、必ず忘れ去られた訳
 があると。

 ちょっとタイ語教室
 ・文化 : ワッタナ・タム
 ・風習 : プラペーニー
 ・大便 : ウジャラッ
 ・運チ : キー
 ・小便 : イヤオ
 ・オシッコ : チー

 悟りを開きにお香ショッピングも
 


 いらっしゃいませタイランド 
戻る