タイの文化(海外助成金贈呈式)のお話          
  
http://www.kohbyo.co.jp/           2013年2吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 2013年2月12日、公益財団法人損保ジャパン記念
 財団から、チョンブリ県自閉症保護者の会センターへ
 海外助成金50万円のの贈呈式が決まりました。

  タイ国内での助成金は昨年度から始まり、2番目の
 助成と(*^_^*) 同財団には海外駐在員の紹介する
 社会福祉機関への海外助成金の公募制度があるこ
 とを、アジアの子どもを支援する日本のNGO(民間団体)

 チュルドレン・フォー・コミッティの理事(友人の加糖さん
 仮称)さんから紹介で知り、応募したのでした。ありが
 たい友人の輪でした。

 この海外助成金は、Sさんが家内がサポートして居る
 チョンブリ県自閉症保護者の会センターを推薦し今回
 の贈呈式(栄えあるタイで3例目です)となった次第です。
 その経緯や詳細が知りたいと言う方は、総目次の 
 「障害者活動のお話」 からm(_ _)m

 チョンブリ県自閉症保護者の会センターの活動と公益
 財団法人損保ジャパン記念財団につきましては、後日
 (*^_^*)掲載予定です。

 同財団からは岡林専務理事が来タイしての贈呈式に
 (*^_^*)、タイからは損保ジャパンサービスタイランド社
 の田村MDが参加。 スピーチは日本語か英語との事
 でしたので、Sさん会社に許可を取って通訳ボランティ
 として参加してまいりました。

 そこで今回はチョンブリ県自閉症保護者の会センターの
 活動のさわりと和やかに行われた贈呈式の風景をご紹
 介します。

【ちょっとセンター紹介】
 2月12日にチョンブリ県保護者の会センターを訪れた
 Sさん、実は今回で2回目の訪問でした、理由はセンタ
 ーの活動は、月−金の9時〜4時のため、休みが合わ
 ない事にあります。

 このセンターは昨年2012年4月1日に設立されたばか
 りの私立の施設です、主に通って来るのは自閉症を中
 心とした26名の児童とその家族にリハビリやセラピー
 療法、生活訓練、職業訓練指導をしておりますが、学費
 や入学費は戴いておらず無料で、保護者が組織役員を
 兼ね、持ち寄りで運営されております。 
 
 理由としては、タイには生活保護制度もなく、障害者を抱
 えた家庭は経済的にも弱者、そこで保護者にもセンター
 役員やスタッフになって戴き、みんなで持ち寄って(*^_^*)

 予算は無くてもボランティアは一杯で、ブラパー国立大か
 ら美術の先生が、サミティベー市立病院からリハビリの
 先生が、パタヤのマハタイ財団(障害者職業訓練学校)
 からスタッフが、それ以外にテコンドーの先生等々、無償
 の心が一杯集うセンターになっているそうです。

 ちょっと説明、タイ語を日本語に直訳すると少し言葉がお
 かしくなるので、センターが登録して居る
 「社会開発と堅実な人間省」の英語を調べて見ましたぁ、
 英語で聞くとイメージが上がります(*^_^*)ネ

 「Ministry of Social Development and Human Security」です。

 正式な日本語を調べて見ましたら、人間安全保障社会開
 発省でした、英語とちょっと(?_?)

 まずは、2月12日の当日、午前中からのセンター活動
 の様子からご紹介です。

 センターは月曜日〜金曜日の朝9時ー4時が運営時間。
 この日は午後2時から贈呈式のため午前中のプログラム
 を組み替えて、日常生活訓練で時計の読み方教室(*^_^*)

 



 続いて、職業訓練の洗剤造り、この洗剤は会社等に販
 売し、障害者の家庭にも利益の一部を分配しているそ
 うです、

 洗剤は液体洗剤で、食器用、床用、トイレ用の3種類、
 2.5リットル入りで150−160バーツ(約460円)と
 市販品よりだいぶお得です、

 Sさんの会社コービョータイランドもコスト削減も兼ね
 て昨年から少量ですが購入中。

 

 

 洗剤は用途により水色、ピンク、黄色と紫と色分けもします。 

 

 すいませんm(_ _)mS家で購入した洗剤を確認しましたら
 3.8Lでした(460円)でしたm(_ _)m。 お得です。

 

 贈呈式の参列者用に花の首飾りを制作。 児童の写真は
 顔が分かり辛い物を中心に掲載していますが、
 真剣度や達成感は写真〜(*^_^*) 完成した花の首飾りの
 出来具合は下の写真で(*^_^*)

 ココでお気づきになった方もあると存じますが、タイの義務
 教育は小学校までの12歳、もちろん障害者のための養護
 学校もございます、しかしその数は少なく、また遠方であっ
 たり、養護学校は聾唖や目の不自由な方を中心としての
 カリキュラムでもあり、自閉症児を受け入れてくれる学校は
 少ないのです。

【贈呈式(*^_^*)】


 センター建物は屋根はあるけどOPENテラスタイプの8坪+
 事務所です。センターの垂れ幕は日差しと熱さと雨〜対策
 も(*^_^*)

 
 
 公益財団法人損保ジャパン記念財団から専務理事の岡林
 様(左)が、損保ジャパンタイランド社から田村MD(右の
 お2二方が今回に贈呈式にご来場、手を合わせタイ式の
 挨拶をして居るのはセンター長のアラヤー氏。

 まずは笑顔で(*^_^*)、それから週の日程をボード版で説明
 をうけました。

 

 Sさんもタイ語通訳でボランティア、右の写真はセンターの
 組織図。

 

 センター全貌、この狭い所に20名〜がm(_ _)m、でも笑顔
 が一杯でした(*^_^*)

 

 当日は、クッションに房を付ける職業訓練と、液体洗剤造り、
 傷害の程度に合わせて、各自が出来る事を分担しての作
 業になるそうです。

 





 このボードは、不定期水曜日の各養護学校と合同の軍施設で
 の乗馬セラピーの説明、乗馬場はセンターから50キロの距離
 がありますが、児童からも保護者からも人気の野外活動行事
 になって居るそうです。



 これはセンターで作られた製品、クッション、キーホルダー、団扇、
 バッグ、Tシャツです。

 真ん中の額は、公益財団法人損保ジャパン記念財団への感謝
 状です。





 児童へのプライバシー管理のため小さい写真ばかりでm(_ _)m、
 でもこの日の贈呈式は 下の写真でご判断戴けると存じます。



 どうも御来タイ、と贈呈式のご参列ありがとう御座いました。



 福祉活動も頑張ってます。



 いらっしゃいませタイランド 
戻る