タイの文化(白い・・・)のお話                   
   
http://www.kohbyo.co.jp/              2012年10吉日 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 もう秋になってますが、夏が来〜ると思い出す〜♪ のは
 故爺さんのこと。太思い出しました(*^_^*)
 Sさんは夏休みになると良く爺さん宅へ行って居ました。

 そして思い出すのは2つの事、幼稚園児の頃に火箸で叩か
 れたか、叩かれそうになった曖昧な記憶。
 もう一つは小学校の頃の夏の宿題で紙とゴムを使ってSさん
 はトラックを作ったのです。

 「おじいちゃん、タイヤ丸く見える?」
 返ってきた答えは、「お前が丸いと思えば丸ダ」 と。。。

 何とも無茶苦茶だった爺さんの記憶しか覚えて居ない。
 そしてコップに沈んだ黒い入れ歯のためにSさんはポリグリッ
 プとボリデントをプレゼントしました。今でもエコーは売ってい
 るそうです。 

 今日の格言 「お化けでも偶に会えると・・・・・・」 

ちょっとコーヒーブレイク】
 家内が長女氏君の寮へ泊まりに行って仕舞った夜、何故か
 寝付きが悪く、そして朝の4時には起きてしまったSさん、20
 年も連れ添うと空気みたいな関係と言いますがぁ、思わず頭
 に浮かぶ言葉

 「酸欠(?_?)」 

 今月は結婚記念日の月(^-^) そして結婚21周年を後2週間
 ほどで迎えるS家で御座います。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 人生とカメラの先生、言さんから 「白いレンズが・・・」 に答え
 が返ってきたので、カメラも人生もビギナーのSさんから(*^_^*)
 さっそくご紹介です。

 「Sさん、こん○○は。
 わっははは。 凄い玉を見つけましたね。 白い鏡胴の玉は
 各社ともハイアマチュア、プロ用の上級望遠レンズです。
 実はホワイトボディ私は一本も持っていません。 望遠撮影
 はあまりしないので投資する気になれないのです。
 
 この80−200 F2.8はフィルム時代の名玉で発売当初
 は黒いボディでしたが90年代にキャノンを意識してか白く
 リニュアルされました。私も欲しかったのですが当時でも15
 万はしましたから、使用頻度を考えてSIGMAで妥協しました。

 Gレンズなので光学系は折り紙付き(以前購入を検討されて
 いた高倍率ズームと比べて遥かに高画質です。 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000140388/SortID=12801554/ 

 フィルム時代のsigmaはデジ一では白くフレアが発生しました
 がミノルタ製はコーティングがよく、鮮やかに写ります。特に
 発色が素晴らしい。ただ動きものがメインにでしたら、投資
 になってしまいますがSSM(超音波モーター内蔵)搭載の70
 −200 F2.8(ミノルタ/SONY)のほうがAFは早いかと。 

 以前、珠洲社長(仮称)が鳥(カワセミ)を撮るためデジ一を
 検討している時はキャノンのF4クラスをお薦めしましが、
 ミノルタ/SONYには、このようなかゆいところに手が届くよう
 な手軽な高画質モデルがありません。(まあ全くないわけで
 はありませんが)

 F2.8というのは光の通過量が多くより高速なシャッタをー
 切れますし人物などを写すと背景が綺麗にぼけます。ただ、
 画質に正比例して高価、高重量です。重さは半端ないです。
 このことをご含みの上ご検討下さい。

 あと中古を購入の際はレンズにカビやゴミがないかよくご
 確認ください。相場より圧倒的に安い掘り出し物はないと
 お考えください。
 
 PS、200 F8も超高画質ですがズームの方が使い勝手は
 いいです。あとハイスピードとはAFが速いという意味でしょう。
 テレはテレフォトつまり望遠のことです。

 写真は私のSIGMA 40−210 F2.8とそれで写した写真
 です。やっぱり鏡銅は白がカッコイイですね。 ではでは。



 レンズに三脚用のフックが付いている事にあこがれを感じる
 Sさんです。





 大きいサイズでお見せできないのが(-_-;)残念。



 今日の格言 「小鉄チャンにはカメラ達人が多い様です」

 そして今月は郷さん(仮称)からF1写真が(*^_^*)楽しみ〜

 撮影のためにそこへ行き写真を撮る、撮影旅行は老後まで
 長く続けられる趣味ですね。Sさんはパチパチ写真で・・・

 ちょっとタイ語教室
 タイ語でカメラをクロン・ターイ・ループと言います、意味は絵
 を描く箱〜味のある命名だと。

 ですがぁ、日本人以外の外人は曖昧な言葉を使わない、上手
 い、下手、凄い、酷いと明確な意見を頼んでも居ないのに。。。
 タイ人は素直な性格です。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 人はお馬鹿な事を考えるから発展してきたとも言われています。 
 誤変換好きのSさん四文字熟語を作ってみました。

 慢心創痍: 慢心すると怪我しますヨ

 慢心僧衣: これは嫌だぁな

 満身創意: 全身を使って創意工夫、クリエーター。

 満身相違: 全身を違いをアピールすること

 善進善例: (*^_^*)良い大人に成りたいですね。

 今の時代〜躾(しつけ)の幅が昔より狭くなった様に思う、Sさん
 の小さい頃は良くも悪くも親から叩かれて居ました、隣近所の
 おじさん叔母さんからも注意を受けた。 火箸で叩かれた(?_?)
 記憶が・・・・故爺様も居ました。 でも躾って体を美しくと書くん
 ですよ。 力業だけでは無かった筈と、年齢だけ大人になった
 自分ですが (?_?) 子供に教えられるこの頃です。

 今日の格言 「子供は親の思う様には成らず!親の様に成る」

 半生過ぎて反省です。(-_-;)  はぁ。 子供は親を写す鏡みたい
 です。




 いらっしゃいませタイランド 
戻る