世界の名所(ラオス国ビエンチャン:その1)のお話      
  
http://www.kohbyo.co.jp/                2012年6吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんラオス国の首都ビエンチャンへ行ってきました。 
 何にも知らずに出張に行けませんでの少し調べて見ましたら、
 人口が少ないことに吃驚、何と日本の4.5%の620万人ほ
 ど。。。国土は日本のほぼ本州です。

 タイの人口が日本の約半分ですからタイに比較しても10%
 以下と人口の少ない国ですが、人口の約4割が40歳未満
 の若い人達の多い国なのでこれからの発展が期待出来る
 国です。

 ちなみに首都ビエンチャンの人口は12万人との事ですの
 です、Sさんの働くチョンブリ県の中の工業団地アマタナコン
 工業団地の日中人口が12−14万人と言われていますの
 で、一つの工業団地の人口とほぼ同じ規模だと。

 言語はラオス語でタイの東北地方の方言とほぼ同じなので
 タイ語で十分通じる国でした。

 それではさっそく百聞は一見に如かず順を追ってご紹介です。



 イミグレを出ると飾ってある龍の綱引き像



 今回はタイエアラインTGで出発でしたが,実質1時間強の遅
 れでした。 到着予定の夜9時が10時半頃でした。



 泊まったホテルはシティーイン・ビエンチャン 朝6時の風景で
 す、少し小雨。



 こちらは部屋の中、まぁ中級ホテルです、歯ブラシと歯磨き粉
 は御座いませんでした。



 ホテル前の屋台、焼き鳥等を売ってました。 この風景で首
 都のど真ん中です。



 とある店先で見つけたタンブン(お坊様や仏様への献上する)
 品

 

 レクサス・・黄色ナンバーは個人所有 頑張ってますね、
 日本製品。
 


 旅行代理店の店先から、下がラオスの紙幣キップ、他国での
 両替は不可能なレアな紙幣です。
 250キップが約1バーツですので、円だと2.5円。



 このキップ紙幣は以前からあったのですが、使用の義務化は
 たった3年前ですと、よって今でも買い物はドルでもタイバーツ
 でもOKのお国です(但し街中のみ)。地方は(?_?)です。
 最大紙幣は10万キップですので、約千円なり。



 車のエンジンを載せた3輪タクシー、ガソリンが高い性か?
 走行距離に比べてタイの2倍近くの価格帯でかなり割高に
 感じました。 手前はタイと同じゴミ箱。



 ATMは有りますが、クレジットカードはほぼ使えないそうで、
 決裁は現金。お寺の形式とお坊さんはタイとそっくりでした。









 ラオスも一生に最低1回は僧侶になるそうです。



 ホテルから歩いて10分弱でメコン川、川向こうはタイ、川の
 畔は堤防で囲われた公園





 3年前に建てられた像はタイを向いて威嚇して居ます。



 今は水がありませんが増水時は、このブロックの3段下まで
 は水が来るそうです。

 

 公園内にあった中国寺院、でも中国人も中国系の人口
 も少ないそうです。

 
 
 公園内に居た牛2頭

 ちょっとビエンチャン雑学
 ラオス国は5年に1回選挙制度のある共産国で、議員172
 名の1院政、選挙は各地域の5名から駄目な人を選んで
 投票する(*^_^*)、日本の最高裁裁判官を選ぶ方法と同じ
 だそうです。 大学は国立大学1校のみ。



 上の大統領オフィスは未だ建設中でした。場所は凱旋門の
 あるメインストリートの行き止まりで、メコン川まで200メート
 ルほどの地点にあります。

 



 完成するとこんな風だと。



 道路の標識は少し装飾系でしたが、装飾街灯は無かったの
 で残念。



 大統領オフィスから見た凱旋門。 朝は小雨でした。



 大統領オフィスの斜め前にあったワット・シーサケート(タイの
 東北の県名と同じ)龍の屋根飾りが(E〜)かった。
 場所はメインストリート沿いで歴史を感じさせるお寺でした。





 ホテルの直ぐ横にあった仏塔は苔と木が生えてました。 
 下はその横にあった洋館。
 有名な仏塔らしくラオスのパンフレットにも載ってました。



 ハイ朝の1時間のお散歩完了です。 次回へ続きます。


 いらっしゃいませタイラン 
戻る