日本の名所(セレブヨットと金冠日蝕)のお話         
   
http://www.kohbyo.co.jp/                  2012年5吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 かれこれ40年以上お付き合いして戴いている先輩の遊さん
 から、ちょっとセレブなご当港(今回に適した誤変換)が御座
 いましたので、感謝しながらご報告です。

 「お疲れさまです。遅ればせながら、近況報告します。GWの
 報告をちょっとさせていただきます。

 年に一回のヨットの船底塗装を実施しました。場所は三浦半
 島の油壺になります。クレーンで吊り上げて船台に載せて作
 業の開始です。ふじつぼや水の汚れをおとし、乾かし、ロー
 ラーで塗料を3度塗りします。塗料にはふじつぼが付かない
 薬が入っていますがあまり効果はないうようです。

 今回は1.5日の作業となりました。つかった塗料は20リッタ
 ーでした。



 ヨットの船底ってマンボ-みたいなヒレが付いているんですね。
 東京の精神号(^-^)



 人間と船底を比べるとかなりの大きさと判断できます。 
 船底綺麗になりました、ヨットの船底は白かったぁ。。。
 40過ぎの新知識でしたm(_ _)m 赤いと思って居ました。
 あれっっ遊さんがだいぶ痩せている様に見えますダイエット
 先を越された様です。

 「この後に少しセーリング、写真は木更津の鋸山と、振りか
 えった時に見えた富士山と三浦半島&城ヶ島です。
 浦賀水道は日本で一番船舶が往来します。大型船舶は遠く
 から見ると止まってみえますがそのスピードは50k位出て
 います。ちなみにうちのヨットは10k位です。



 「うちのヨット」って言ってみたいなぁm(_ _)m 穏やかな海です
 ね〜、ちなみにSさん船酔いしません(^_^)v



 おぉぉ、,よ〜く見るとタンカーの後ろに富士山〜♪絶景です
 (*^_^*)

 ちょっとタイ語教室
 ・ヨット : ヨット
 ・船 : ルア
 ・海 : タレ-
 ・港 : タールア
 ・ペンキを塗る : ターシィ
 ・温泉 : ナーム・プ

 「後半は茨城の母の実家の墓参り。写真は帰りによった立
 ち寄り温泉です。栃木の喜連川というところにある早乙女温
 泉といいます。首都圏でこれだけの硫黄泉が出るお風呂は
 あまり聞いたことがありません。まわりには点在する温泉が
 ありますが単純泉です。なぜここだけ硫黄泉なのか不明との
 ことです。」



 確かにお湯が白く濁っている、石けんで泡が立たないのが
 硫黄泉(^o^) 優雅なお風呂ですね。 



 おっっみんなで同じポーズ、人間版ワオキツネザル(^-^)



 「追伸 本日の日食です。普通のデジカメで撮影しました。
 うちの駐車場上には朝から人が集まりました。
 私は肉眼で見ていたの少々目をやられたようです。

 駐車場も綺麗に整備されていて流石ヨットを嗜む方の住居
 に相応しい(*^_^*) 遊さん、大変タイムリーなご投稿どうも
 ありがとう御座いました。

 ちょっと日蝕雑学
 最近は日食と書かれるようになりましたが、昔はお日様を
 虫が蝕む(むしばむ)ので日蝕ですと。ちなみにタイ語では、
 スリユ・プラカーンです〜覚えて置きましょうね。

 ちょっとタイ語教室
 ・太陽 : プラアティット
 ・日蝕 : スリユ・プラカーン

 今回は遊さんからのセレブ特集で御座いました。m(_ _)m
 
 タイにもヨットあります(乗ったこと無いけど)

【ちょっと投稿写真】
 仲間内で自他共に認めるカメラのプロ郷さん(仮称)から今
 回の金冠日食のご投稿を戴きました。さっそくご紹介です。
 (趣味はF1の撮影、その他)

 「金環食をCanon60D 100mm-300mmのズームで撮影しま
 した。多分ピーク時のタイミングです。



 やはり弘法筆を選ばずの世界みたいです。 郷さんご投稿
 どうもありがとう御座いました。


 いらっしゃいませタイラン 
戻る